新種の角竜発見される。

皆さまこんにちは。
有馬温泉月光園の林でございます。

アメリカの中西部発見された恐竜の頭骨の化石が
新種の角竜(つのりゅう)のものだと判明したというニュースが
数日前の新聞に載っていました。

角竜といえば、トリケラトプスを筆頭に
○○トプスと名付けられることが多いですが、
今回新種と判明した恐竜は、なにケラトプスになるんでしょう。

ceratopses
角がなく原始的な角竜がプロトケラトプス(体高60cmくらいで小さい)、
角が三本ある角竜はトリケラトプス(体高2~3mくらい)、
角が五本だとペンタケラトプス、アルバータ州で見つかったからアルベルタケラトプス
といろいろバリエーションがあります。

今回判明した新種のうち、米モンタナ州で発見された方は
「Spiclypeus」と名づけられたようです。スピクリペウスと読むんでしょうか??

もう一方の、ユタ州で見つかった化石は
フリルから2本のつき出した角?が付いており
「Machairoceratops(マカイロケラトプス)」と命名されました。

Machairoceratops
マカイロケラトプスを描いてみました。
骨からは正確な色や柄までは分からないので、
復元CGやイラストの色・柄なんかは全部想像で描かれているのです。
最近は「羽毛あり」がトレンドですが、
ケラトプス類はサイやゾウみたいな肌であってほしいです、個人的に。

最後に角竜関係ないですが
林の好きな大型肉食恐竜、
アロサウルスの絵でも貼って終わりたいと思います。
Allo
全長(頭から尻尾の先端までの長さ)は8m~12mくらい、
目の前部に生えた小さめの角と
大型獣脚類らしからぬ、しっかりした前肢が最高にイカス奴です。
T-REXみたいに頭でか過ぎないのもGOOD。

全身骨格が大阪自然史博物館に展示されておりますので是非。
大阪自然史博物館といえば、今大変おもしろそうな展示会が開催中です。
semei_daiyaku
特別展「生命大躍進」

恐竜はメインではなさそうですが、
みんな大好きアノマロカリスメガロドンといった古代の生物のレア化石が
たくさん展示されるとのことで、これは是非行かねばと思っている次第です。

本日は月光園便りというか、ただの恐竜便りでした。
それでは~。

平成28年5月25日(水)
有馬温泉 月光園 林

月光園公式Facebookページはこちら>>>

イイネ!ウレシイネ!