秋の香り 金木犀 

みなさま、こんにちは。
有馬温泉月光園の林でございます。

鴻朧館の玄関前に咲いた金木犀の花から、
秋の香りが漂ってくる季節になりました。

kinmokusei01
金木犀の香りというと、トイレの芳香剤を連想される方が多いと思いますが、
林的にはいまいちピンと来なくて、
どっちかというと小学生の頃よく図工などで使った「でんぷんのり」のイメージです。
あの黄色い容器に入っていて指で塗るやつです。乾くとパリパリの。

kinmokusei02
キンモクセイが芳香剤の香りとしてブイブイ言わせてた期間は
70年代から90年代前半とのことで、なんと約20年もの間。
そりゃあキンモクセイ=トイレの芳香剤になるってもんです。

そんな感じで、かつて日本のトイレで栄華を誇っていたキンモクセイの香りも、
芳香剤クイーンの座をラベンダーやせっけんの香りら、後進に譲り渡し
現在販売されているキンモクセイの香りの芳香剤は1種類のみとのこと。

2000年代以降の世代からは
徐々にキンモクセイ=トイレの芳香剤という
あまり名誉でない(?)イメージも薄れていくことでしょう。
めでたしめでたし。

それでは!

平成28年9月27日(火)
月光園 林

月光園公式Facebookページはこちら>>>
「いいね!」ボタンを押して下さると嬉しいです♪