【有馬温泉】伝統を受け継いだ、毎年恒例恒例の『入初式』

皆様こんにちは、今朝は有馬温泉では雪が降り積もり、辺りの山々が白く染まっておりました。

その中で、朝の10時から開催されました『入初式』のご紹介をさせて頂きます。

【有馬の年始を告げる行事、入初式】




※湯泉神社から出発する一同、この中には実は私も参加していました!(見えませんが;)


有馬温泉の入初式は、昨年からの感謝と、これからも有馬温泉発展を祈願するものです。
尚、その入初式は、

10時    練行列、温泉寺出発(神戸市立有馬小学校講堂に向かう)
10時10分 「金の湯」で初湯をいただく
10時40分 入初式 開式
11時40分 閉式 (再び行列は温泉寺に向かう)途中、
       観光総合案内所前で、「戻せ、返せ」の行事を行う
12時30分 練行列は、無事、有馬山温泉寺に到着する

の流れからなっていきます。



※有馬小学校講堂で行われた入初式の本番、芸妓さん達が今年最初の源泉湯を祀ります。


今年最初の金泉から汲まれた熱い源泉を、昔行われていた方法で冷ます事で、ご神体に奉納します。
また、去年の秋に採れた新米を同様に奉納し、今年一年のお守りとして、最後に配付されました。


観光総合案内所前、「戻せ、返せ」の行事を行いました。(太閤通りを神輿が往復しています。)


最後に、再び神輿を担いで全員で戻っている最中。
観光案内所の前である【太閤通り】で、「戻せ、返せ」という行事を行いました。

この行事は、観光客の方々と、地元の人の掛け声で神輿を往復させます。
数回繰り返して終わるのですが、この時には皆で一緒に神輿の近くを走ったりしているので、
中々楽しい行動行事でした。


今年初めて参加しましたが、この『入初式』はとても有馬温泉の大切な行事の1つです。
毎年この時期にお泊りになられる方には、これを見る為という理由の人もいらっしゃいます。

もし、今年の入初式』を見逃してしまった・・・!と考えている方がいらっしゃるなら。
是非、来年の1月に、入初式』を見に来て下さいませ♪その後に初めて入る有馬の金泉は、
その年最初の「初湯」として、貴方を満足させてくれるでしょう!


有馬温泉 月光園


月光園公式Facebookページはこちら>>>
「いいね!」ボタンを押して下さいね♪