有馬山椒が「食の世界遺産」に登録!当館でも山椒商品販売中♪

こんにちは!有馬温泉 月光園の藤田でございます。

突然ですが、皆様は有馬温泉が「山椒」の名産地であることをご存知でしょうか?

有馬周辺では山椒の花や実を食べる習慣があり、山椒を使用したお料理は
「有馬煮」「有馬焼」と呼ばれ、古くから親しまれておりました。

しかしながら近年は、市販の山椒の商品が増え、生産量も少なくなっていたところ、
近年で復活の動きが活発化、地域をあげたプロジェクトが始動しているそうです!
その一環として、先日「有馬山椒」が「アルカ(味の箱船)」に登録されました!!

※「アルカ(味の箱船)」とは・・・
地域に根ざした食文化や食材の保存の為の、国際的な登録制度。
世界で3,700点以上が登録されており、
近畿で登録されたのは「有馬山椒」が【初】とのこと。

有馬温泉には、山椒の専門店もあるほどポピュラーな食材。
また、ご自宅でも山椒を楽しめるよう、当館売店でもお土産を販売しております!


有馬山椒のドレッシング、マヨネーズ、カレー、etc…
こんなに沢山の食べ方があるのか!と正直驚いてしまいました。
(オススメはおやつにもなるかりんとうです♪ドレッシングも毎日使えてGOOD◎)


鴻朧館へご宿泊・お日帰りのお客様も、
【有馬山椒フェア】開催中の游月山荘 売店へ、ぜひお立ち寄りくださいませ♪
※鴻朧館 売店では有馬山椒ドレッシングのみ販売しております。

平成29年5月2日(火)
有馬温泉 月光園 藤田

皆様からの「いいね!」をお待ちしております♪
月光園公式Facebookページはこちら>>>

カテゴリー: 有馬温泉豆知識 タグ: , ,

西宮神社「十日えびす」へ行ってきました

今日の有馬は急激に寒くなってきたような・・・
「この冬はまだ雪が降る気配がないな~」
なんて昨日は言ってましたが、今日の有馬は寒いです!
全国的にも冷え込むようなので体調にはお気を付け下さいませ。

先日、1月9日にえべっさんの総本社、西宮神社へ商売繁盛を祈願してきました。
9日は「宵えびす」。10日は「本えびす」。
11日は「残り福」として3日間賑わいをみせます。
西宮神社周辺は交通規制がかかっておりますので、お越しの際はお気を付け下さい。


屋台がたくさん並んでいて歩いてるだけで楽しいです。

西宮神社に有馬温泉の湯を奉納する「有馬温泉献湯式」も行っており、
有馬とは馴染み深い神社でもあります。

有馬温泉献湯式とは・・・
有馬温泉の商売繁盛を願う献湯式で、
毎年1月9日に有馬温泉から金泉を樽で西宮神社に運び、
その温泉と湯文字を奉納する行事で、1995年(平成7年)からはじまった、
献湯式では湯女に扮した芸妓が湯もみ太鼓のお囃子にあわせて
湯もみ(木の板で温泉をかき回して湯温を下げる)を行い、
その温泉と湯文字を神前に奉納している。
奉納された金泉に1円玉を浮かべて拝むと福を招くとされている。
※wikiより抜粋


※画像は2017年1月2日に行った入初式内での湯もみの様子です


皆さんマグロに賽銭を張り付けてました!
胴体に賽銭を張り付けるとお金が身につくと言われているようです。

昨日の本えびすには、「開門神事福男選び」があり、
大学生の方が一番福に輝いたようです。
おめでとうございます!

平成29年1月11日
月光園 三谷

カテゴリー: 有馬温泉豆知識, 周辺観光情報(お勧めスポットご紹介・体験記など)

有馬温泉の湯女(ゆな)

本日、温泉学会主催の勉強会が「有馬ビューホテル うらら」さんで開催され、私も参加してまいりました。

有馬温泉で勤務し、早うん十年となりますが、まだまだ知らないことがたくさんあると痛感いたしました。

その中でも、すごく興味深かった話がありましたので少しご紹介させていただきます。

それは「有馬温泉の湯女(ゆな)」についてです。

“おんなゆ”っぽいのですが“ゆな”と読みます。

一般的な湯女とは、丁度今放送されている、堤幸彦監督「神の舌を持つ男」で向井理さんが演じる「三助」の前進だったとされます。どちらかというと女郎のようなイメージです。
三助とは「釜焚き」「湯加減の調整」「番台業務」の三つの役を助けたことに由来するようで、男性です。
湯女は女性でしたが、ある時から男性の仕事に変わったようです。
ご興味がある方はこちらをどうぞ>>>

ですが、有馬温泉の湯女は全く違った存在でありました。

有馬温泉は当時から非常に有名な温泉地であったにも関わらず、379cm×636cmの湯船を2つに仕切った
「一之湯」と「二之湯」の2つしかなくそれぞれに10の宿が割り振られていたようです。

すごく狭いうえ、利用者は多かったようですね。

余談ですが、このころの温泉は「混浴」で狭さのせいで「立って入っていた」様です。

とてもゆっくりできる雰囲気じゃあないですね。
それでも、人気が非常にあったようです。

そのため、入浴時間の制限は非常に厳しかったようです。

そこで登場するのが有馬温泉独特の「湯女」です。

棒を持った湯女は、出るのが遅いお客様がいると、戸口を叩いて急かしていたそうです。
各宿には「大湯女(50才前後)」と「小湯女(12~23才くらい)」がいて、温泉の予約から時間管理などを行い「有馬湯でもつ、湯は湯女でもつ」と言われるほどの存在であったようです。

大湯女は「かか湯女」とも呼ばれ、お客様からは「○○坊のかか」など、宿名+かかと呼ばれていたようです。
小湯女は「娘湯女」とも呼ばれ、各宿ごとに通り名が決まっていたようです。人が変わってもその通り名を引き継いでいたそうです。

■ご参考まで・・・
≪一の湯小湯女の通り名≫
御所坊:まき/奥の坊:なつ/伊勢屋:たけ/中の坊:つね/尼崎坊:ゆり/ねぎや:すぎ/大門:たつ/角の坊:つた/上大坊:くり/若狭屋:いち
≪二の湯小湯女の通り名≫
池の坊:まつ/下大坊:なべ→しげ/休所:たけ/川崎屋:やや/茅の坊:きい/川野屋:みつ/大黒屋:たけ/素麺屋:ふじ/兵衛:みや/水船:つじ
※御所坊さんや、兵衛さんなど今でも旅館を続けておられますね!すごいです!!
若狭屋さんは、現在はお土産屋さんですが、確かに建物の造りは旅館ぽいですね。

そして、この「小湯女」は現在のアイドル的存在で、当時は浮世絵がお土産屋さんで販売されていたようです。
「岡本昌房」作の「有馬湯女の浮世絵」は、萩美術館や大英博物館などに現存しているようです。

>>>大黒屋 たけ

>>>水船 つじ

>>>御所ノ坊 まき

>>>茅之坊 きい

その後、湯女は温泉の時間管理より、宿の宴席での踊りなどの仕事のほうが多くなっていったようです。

現在の芸妓さんのような役割ですね。

当時の有馬温泉を思い描くと、非常に賑やかで活気のある温泉地で、何より楽しそうですね。

そんな、先人たちに負けないよう、私たちも頑張ってまいります!

有馬温泉月光園 幸坂

カテゴリー: 有馬温泉豆知識

徹底解説!~有馬温泉はこうして出来た~

皆様、こんにちは。
つい先日からとうとう車通勤となりました、有馬温泉 月光園の藤田でございます。
お昼時の有馬温泉街は、平日でも歩行者の方々がたくさんいらっしゃいます。
お車でお越しのお客様は、どうぞお気をつけてドライブをお楽しみくださいませ!

さて、本日は有馬温泉に関する豆知識をご紹介いたします。

一般常識として、「温泉」といったら、近くにあるのは「火山」。ですよね。
しかし、有馬温泉には周辺に火山はありません。

だったらなぜ温泉が沸いているのか?

その詳しい説明が、こちら(有馬温泉のでき方について)にまとめられております!

一言で説明いたしますと、「地下のマントルより湧出している」から。
火山より地上に近いところで温められた90℃以上の温泉水が、
マントルの亀裂を上昇し、地下水により薄められたり、二酸化炭素などの流体の助けを受けたりしながら、
皆様よくご存知の「金泉」となり湧出しております。

(火にかけてぐつぐつ沸いているシチュー鍋の一番底がマントル、
シチュー表面が有馬温泉というイメージです。)

その湧き方から、「有馬型温泉」と呼ばれるほど世界的に珍しい温泉地なのであります。
こちらの説明文は、当館の公式HPにも掲載しております。

01
↑ 月光園公式HP「温泉」ページ内にあるこのバナーが目印です♪
鴻朧館の「温泉」ページはこちら>>>
游月山荘の「温泉」ページはこちら>>>

有馬温泉へお越しの際は、ぜひこの豆知識を披露してみてはいかがでしょうか(^^♪

平成28年4月18日(月) 
有馬温泉 月光園 藤田

月光園公式Facebookページはこちら>>>
「いいね!」ボタンを押して下さると嬉しいです♪

カテゴリー: 有馬温泉豆知識

いらすと月光園だより「マントルマン!」

みなさん、こんにちは。
月光園の林ですー。

突然ですが皆さま。
「マントルマン」をご存知ですか?
マントルマン
↑おそらくこんな感じ

マントルマンとは、
先月2月1日に催された「有馬節分会」で初登場した有馬のニューヒーローでございます。
私もこのマントルマンについて皆さまに詳しくお知らせしたい!と思っていたのですが、
どんなヒーローなのか、どんな必殺技を使うのかという情報があんまりアリマせん!
(節分会を見に行かなかったので…)

そこでぐーぐるさんを駆使して色々調べてまいりました! これがマントルマンだ!!
※実際のマントルマンの設定とは全く異なる場合がございますのでご注意下さい。

きっとマントルで生まれたに違いない…

そもそもマントルとは一体どんなものなのか……。
うぃきぺでぃあによりますと

マントル(英語: mantle; 「外套」「覆い」の意)は惑星や衛星などの内部構造で、核(コア)の外側にある層である。
地球型惑星などでは金属の核に対しマントルは岩石からなり、さらに外側には、岩石からなるがわずかに組成や物性が違う、ごく薄い地殻がある。

ふむ、よくわかりません。
地球をゆで卵に例えると、卵の殻が地殻、半熟の黄身がコア、
その間にある白身が「マントル」といった感じのようです。

地殻の厚さが地上だとだいたい60kmくらいなので、
足元から60kmほど掘り進むとマントルに到達出来ますね!
そこから約2900kmくらいまでがマントルで、その先地球の中心までがコアです。

熱すぎて近寄れない!ヒーローとは孤独なのだ…

マントルは上部と下部の2層構造となっていて、
下部マントルはコア(4700~5700℃)に近い場所だと3000℃くらいの温度になっています。
3000℃!そんな熱いとドロドロに溶けちゃうんじゃないの…?と思ったのですが
すっごい圧力(125万気圧くらい)がかかっているので
そんな超高温でもでろ~んと融け出したりはしないらしいです。

だけどもこの圧力が弱まると、マントルが部分的に融け出して上昇し
色々あってマグマになるんだとか。

そんなわけだから、悪徳怪獣から襲われそうな子どもを助けたとしても
近寄ってお礼を言われることもほとんどありません…。
超高温でマグマも飛び散っていますし、色々溶けているので近寄ると凄い臭いがしますから!
なんて哀しいヒーローなんだ、マントルマン……!

今世紀最強ヒーローの誕生か!?

つまりこれらの情報から
マントルマンは地下約60km~2900kmのマントル層で誕生し、
125万気圧に耐えられる超頑丈な岩石の身体をしていて、
体内にはマグマが流れているといふことになりますね!
きっと必殺技は125万気圧パンチ目からマグマビームに違いありません。

…スーパーハイスペックなヒーローです。
こんな凄いヒーローが有馬を守っているらしいので
皆様安心して有馬温泉にお越しくださいませ。

というような妄想をしてみました。
マントルマンの今後にご注目ください!

平成27年3月19日(木)
月光園 林

月光園公式Facebookページはこちら>>>
「いいね!」ボタンを押して下さるととても嬉しいです!

カテゴリー: 有馬温泉豆知識, いらすと月光園だより タグ: , ,

月光園に鬼あらわる。

みなさまこんにちは。
月光園林でございます。

本日は2月3日です。
特に何もない平和な休館日の一日でございます。

そんな平和な日の昼下がりに、あろうことか…
onikue1
おにが あらわれた!
何故か豆をもっていた主任が応戦!
豆で鬼と戦うなんて無謀過ぎる…!

onikue2
あれ、あっさりやっつけたぞ…?

onikue3
あ、そういえば今日は節分でしたネ!

そんなわけで、福は内~。

平成27年2月3日(火) 
月光園 林

月光園公式Facebookページはこちら>>>
「いいね!」ボタンを押して下さるととても嬉しいです!

カテゴリー: 有馬温泉豆知識 タグ: , ,

12/1(日)テレビ朝日『奇跡の地球物語』(18:30~18:55)要チェックです!

みなさま、こんにちはー。
月光園 林でございますー。

ニュースなどでご存知の方も多い方と思いますが
アイソン君が崩壊してしまいました…!
なんてこった…。
「世紀の大彗星」「史上最大級の彗星」などと呼ばれ
近日点を通過した後は、美しく尾を引く姿を見せてくれると信じていたのですが!
残念です…。

しかしいつまでも消えてしまった彗星の話をしていても仕方がありません。
明日の地球の話をします!

明日はなんと!
テレビ朝日系列で毎週日曜午後6:30より放送中の
「奇跡の地球物語」にて!
当月光園のお風呂が放映されます!

有馬温泉
~名湯を生み出す地球エネルギー~

名峰六甲山の麓に広がる有馬温泉。
江戸時代から湯治客で賑わったといわれる日本の名湯。

この温泉に、今、科学者たちが注目しているという。
一般的に温泉が湧き出す場所の近くには火山があるのだが、
ここ有馬には火山がない。
なぜ、火山がない場所で温泉が湧き出すのか?
その謎が今年、一人の物理学者の発見によって解き明かされた。
ヒントはフィリピンの活火山。
有馬温泉の壮大な地球の営みから見えてきたものとは・・・。

次回は、有馬温泉。その名湯の秘密を探る。

・「奇跡の地球物語」放送予告ページ http://www.tv-asahi.co.jp/miracle-earth/trailer/cur/

↑「奇跡の地球」Facebookページの投稿より。
当館の露天風呂「阿福の湯」が映っておりますね。

もしかしたらこのブログでも書いた海洋プレートの話と関係があるかもしれません…。楽しみですね!
そういえばこの間のNHK「ひるブラ」でも取り上げられていましたし、
今有馬温泉が密かに熱いのかも知れません。

来年は「午年(馬年)」ですし、
盛り上がっていきたいですね!
それでは!

平成25年11月30日(土)
月光園 林

月光園公式Facebookページはこちら>>>
「いいね!」ボタンを押して下さると嬉しいです!

カテゴリー: 有馬温泉豆知識 タグ: ,

有馬温泉の謎がついに解明…!?

皆様、こんにちは~。
インターネット係の林でございます。

本日は!
有馬温泉 月光園自慢の!!
川沿いにございます掛け流し露天風呂「玉鉾(タマホコ)/阿福(オフク)の湯」から
玉鉾の湯を描きました。

川沿いの露天は、有馬でも数少ない自家泉源の赤湯掛け流しで
泉源から近く、当館で一番泉質の濃いお風呂でございます。
赤湯(金泉)は塩分と鉄分を多く含んでおり、赤褐色が特徴的なにごり湯です。

この有馬の赤湯、塩分濃度が高いので舐めるとしょっぱ~いのですが
あまり海に近くない有馬温泉のお湯が、何故しょっぱいのでしょうか??

その謎が先日、いや先月くらいに解明したかもしれませんので
皆さんにお伝えしたいと思います!

何やら科学的な話でございますので先に記事へのリンクを貼りたいと思います。
・沈み込むプレートが海水を火山の下まで運ぶ

この説によると
太平洋の海水が、海洋プレートによって地中に沈み込み
マントルの上部を通って温められ、地表に噴き出したものが有馬温泉
という事のようでございます。

これが本当だとしたら凄いことですよね。
遥か遠く太平洋の海水が、マントルを通って有馬で湧いているとは…。
地球の奇跡を感じずにはおれません…!

地学に興味がおありの方も、ない方も
マントルからやってきた(らしい)有馬の湯を、体験してみて下さい!
その際は当月光園自慢の、赤湯露天風呂を是非ぜひご利用下さいませ~♪

平成25年7月9日(火)
有馬温泉 月光園 林
月光園公式Facebookページはこちら>>>
「いいね!」ボタンを押して下さると嬉しいです♪

カテゴリー: 有馬温泉豆知識 タグ: , , , ,

有馬温泉の赤湯パワー!

みなさま、こんにちは♪

ここ数日の有馬は、夜になると『涼しい』を通り越して少し肌寒いくらいの気温となっております。
寒い時こそ気持ちの良い温泉ですが、有馬温泉の赤湯は特に冬の入浴に最適です♪

なぜかというと・・・

泉源によっては、海水よりも高い塩分濃度の赤湯。
その塩分が肌に当たると、薄い被膜が出来る為、抜群の保温効果が生まれます。
さらに、メタ珪酸(けいさん)と呼ばれる物質も含まれており、女性には嬉しい、
美肌効果も期待できます♪

月光園の川沿いにございます露天風呂は、有馬町内でも珍しい、
自家源泉からの源泉かけ流しのお湯です。
掛け流しなので、赤湯の効果を最大限に感じる事が出来ます♪
月光園自慢のお風呂です♪日帰り利用のお客様もご利用頂けますので、
これからの行楽シーズンに是非ご利用下さいませ。

最後に・・・『赤湯のトリビア』
有馬温泉のお湯といえば、あの独特の色をした温泉!
しかし、赤湯も湧き出た瞬間は透明という事をご存じですか?

温泉に含まれる鉄分が、空気と触れることによって酸化し、あの独特の色になるんです!
実はあまり知られていない、赤湯の事実・・・。

平成24年10月9日(火) 福嶋

月光園公式Facebookページはこちら>>>
「いいね!」ボタンを押して下さいね♪
カテゴリー: 有馬温泉豆知識 タグ: , , , , ,

【有馬温泉豆知識】有馬の温泉・『金泉』とは・・・?

いつも元気にこんにちは、本日も月光園便りを更新致します!
曇り空になりつつある有馬温泉ですが、桜の花も徐々に色付きピンクの部分が増えています。
暖かくなったら一気に咲くかもしれません・・・♪


さて、今回は有馬温泉で当たり前のように知られている『温泉』でお話しいたします。
今更と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、意外と知られていない事も多いでしょう!
ちょっとだけ、有馬の温泉に詳しくなってみてください!



まず最初に、有馬という地域は、日本最古の温泉地です。
最古、すなわち人間がまだ土を掘る技術を持たない時代より、
大地の恵みを蓄え湧き出ていた『自然の温泉』であるということです。
技術の発達した現在でも、浅い場所(300mまで)からの採湯とし、
自然の恵み(温泉の有効成分)を十分に蓄えたお湯をご提供しております。


有馬温泉の【金泉】は、塩分と鉄分を多く含んでいる為に褐色です。
どれぐらい多いのかといえば・・・タオルに掛け続けると、タオルが染め物みたいに赤くなるほど濃い鉄分が含まれています。


この金泉は、環境省の指針により療養泉として指定している
9つの主成分(単純性温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、硫黄泉、酸性泉、放射能泉)のうち、
硫黄泉と酸性泉を除く「7つもの成分」が含まれており、世界的にも珍しい多くの成分が混合した温泉です。
また、レア・メタル等の希少物質も含まれている為、非常に温泉成分が濃く、
その効果で体の芯から温まり、リラックスできる弱酸性の美容を気にする女性にもお勧めの温泉なのです(≧ω≦)



ちなみに・・・町内にある泉源の看板を見てもらうとすぐに分かるのですが、
200m下から98℃の温泉が湧いているのが分かりますが、
有馬には温泉に必須の『火山』が付近にありません・・・
この熱湯はどうやって湧いているのか?謎が多い温泉地でもあります。
多くの学者さんがこの謎を解こうとし、様々な説が飛び交ってはいますが、
今でも有力な証拠は見つかっていません。


不思議で楽しい有馬温泉、温泉だけでも興味深い事がいっぱいです♪
皆様も一度、この不思議な温泉で体を癒して下さいませ!


平成24年4月6日(金)
有馬温泉月光園 林

月光園公式Facebookページはこちら>>>
「いいね!」ボタンを押して下さいね♪
カテゴリー: 有馬温泉豆知識, その他(担当者の独り言・その他情報など)