大人気! 別注料理:神戸牛網焼き


当館でのお料理の注文の中で一番人気なのが神戸牛網焼きです。
極上の神戸牛を直火で焼いた香ばしさが自慢です。

網焼き   ¥6,300 (200g)
ミニ網焼き ¥3,675 (120g)

神戸に来たならやっぱり神戸牛、という方には特にお勧めですね。

さてこの神戸牛、元々は但馬牛にあたるんですね。
その中でも等級が高いものが神戸牛として、それ以外のグレードのものが但馬牛として流通しています。
つまりは神戸牛という名前そのものがブランド肉という証明だと言えます。
世界に名だたる神戸牛、月光園にお越しいただいた折はぜひ一度ご賞味下さい。

有馬温泉 月光園 奥平

カテゴリー: 月光園情報(最新情報・お宿自慢など)

ホタルの季節まであと少し


有馬町内では6月上旬、有馬川でホタルが飛び始めます。
「都会から1時間と離れていない有馬でホタルが見られるなんて」と驚かれる方もいらっしゃいます。
有馬川一帯で見ることができ、いい時期に当たればとても幻想的な光景をご覧頂くことができます。
6月中旬ごろ、雨が降ってしまうまでは毎日ご覧頂けます。

また、当月光園の敷地内の月光橋からも毎年ホタルが飛んでいる様子がご覧いただけます。
月光橋の下に流れる川は滝川と言いまして、有馬川の上流に当たります。
毎年のことではありますが、今年も楽しみですね。
私自身、有馬に来て一番びっくりしたのは有馬でホタルが見られるということでしたね。
ホタルと言うともうとんでもない田舎でないと見れないと思ってましたが、有馬は神戸市内なのにホタルが見られて、なんだか得したように思ったものです。

特にまだホタルを見たことがないというお子様がいらっしゃれば、ぜひこの機会に有馬のホタルを見せてあげてはいかがでしょうか。

有馬温泉 月光園 奥平

カテゴリー: 有馬からの四季便り

六甲山とあじさい、花言葉


本日はとても良いお天気で、初夏の陽気、といったところでしょうか。
まだ有馬では、朝晩は割と肌寒いですが昼間は暑いぐらいです。

今日は晴れですが、これから雨が降り出すようになると、あじさいが咲き始めますね。
有馬の一番近い観光スポット、六甲山はあじさいの山として知られています。
特に神戸市立森林植物園が有名で、あじさいは神戸市の花にもなっています。

ところで私が中学生の時、先生があじさいの花言葉は不倫、と仰っていました。
今までずっとそう信じていたのですが、今回せっかくなので調べてみました。
するとどうも、花言葉は国によっても違ったりするようで、特にコレ、と決まったものがないみたいなんですね。
それであじさいの花言葉を並べてみると・・・

強い愛情、移り気なこころ、一家団欒、家族の結びつき
浮気、辛抱強い愛情、元気な女性、冷淡、自慢家(英)、愛情(仏)
ほら吹き あなたは冷たい 高慢 無情

、、、全部合わせると何がなんだか分からないですね。
不倫、ではないですが浮気と移り気な心、というのはありますね。
でも一家団欒、家族の結びつき、というのと矛盾してる感じ、、、
強い愛情、辛抱強い愛情と冷淡、あなたは冷たい、というのも矛盾しているような。
良い意味半分、悪い意味半分、といったところでしょうか。

有馬から六甲山頂まではロープウェーで所要12分ほどで行くことができます。
有馬と合わせて六甲山を一日観光、というのも人気のコースです。
あじさいの季節に合わせて月光園にお越しいただく、というのも良いかもしれませんね。

有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 有馬からの四季便り

六甲有馬ロープウェー


有馬温泉と六甲山頂をつなぐ六甲有馬ロープウェー。
有馬温泉から六甲山を観光される方に大変便利です。
7月19日までは18:13終発、7月20日より8月31日までは終発20:53。
夏の時期だと六甲山の1000万ドルの夜景をご覧頂くことができます。

この六甲有馬ロープウェーですが、現在は有馬温泉と六甲山頂の往復のみの運転となっています。
以前、平成16年12月までは有馬から六甲ケーブルカーまでのロープウェー路線だったのですが、休止されており代替バスが運行されています。
そのため、有馬温泉までロープウェーを使って神戸、大阪よりお越しいただく場合には、

JR六甲道(もしくは阪急六甲、阪神御影)>市バス>六甲ケーブル下駅>六甲ケーブル>六甲ケーブル山上駅>六甲山上循環バス>六甲山頂駅>ロープウェー>有馬温泉駅

というルートになります。
乗り換えも多く、時間も掛かる場合もあるので、お時間に余裕のある場合にお使いいただくのが良いかと思います。
また、ロープウェーは風が強い日には運休する場合もあります。
どちらかというと、月光園にご宿泊いただいた翌日に使う方がお勧めのルートかもしれませんね。

有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 周辺観光情報(お勧めスポットご紹介・体験記など)

有馬の名所〜天神泉源〜


今日の有馬名所案内は天神泉源をご紹介します。
太閤通りから情緒ある湯本坂を登って赤いポストのところで左に入ると、すぐに天神泉源に到着します。
いつも湯煙が立ち昇り、ボコボコという音がしているのですぐに分かるかと思います。
以前この月光園便りでご紹介した炭酸泉源は銀泉でしたが、こちらは赤湯、金泉です。

泉質:金泉(含鉄・ナトリウム 塩化物強塩高温泉)
温度:98度
深度:206メートル

有馬と言えばやっぱり赤湯というイメージが強いと思います。
ただこの赤湯、含鉄とあるように湯の中に混ざっている鉄分が酸素と結合、つまりは錆びることによって出る色なんですね。
つまりは赤色が濃いほど良いお湯とは限らないんです。
せっかく有馬に来たのなら真っ赤な赤湯、という方が土産話には良いですよね。
でも、頭の片隅にでもこのお話を覚えておいていただければ、と思います。

有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 周辺観光情報(お勧めスポットご紹介・体験記など)

マクロビオティックのうんちく


〜マクロビオティックの中心となる考え方「身土不二」と「一物全体」〜

今日の月光園便りではマクロビオティックの中心となる「身土不二」と「一物全体」という考え方についてお話しします。

身土不二 〜自分の住んでいる土地の物を食べると身体に良い〜
「身体(身)と環境(土)は不可分(不二)である」という事で、「身体と大地は一元一体であり、人間も環境の産物で、暑い地域や季節には陰性の作物がとれ、逆に寒い地域や季節には陽性の作物がとれる。暮らす土地において季節の物(旬の物)を常食することで身体は環境に調和する」というものです。俗に、住んでいる所の一里四方の物を食べて暮らせば健康でいられると言われています。

一物全体 〜食材は全てを食べることを理想とする(玄米、皮付き野菜など)〜
1つの食材を丸ごと食べることで、食材の一部分+一部分の総和以上の健康効果が得られるという考え方です。
生命は個体全体でバランスを保っており、野菜なら皮をむかず、アク抜きとかゆでこぼしをせず、葉や根の部分も食べる。
穀類なら精白していない物を食べることにより食物本来の生命力を頂く事ができる、というものです。

私達は、レストラン「月の座」でこういった考え方に基くお料理と温泉で、身体の内と外から皆様の美容と健康のお役に立ちたいと考えています。

有馬温泉 月光園 奥平

カテゴリー: 月光園情報(最新情報・お宿自慢など)

月光園が雑誌で紹介されました!


今週発売の関西ウォーカーにて月光園が紹介されています。
今回は游月山荘の「月の座(ツキノクラ)」のランチビュッフェについての記事となっています。
今回は食べ放題についての特集で、ホテルの食べ放題が紹介されています。
スペシャル特集 天下無敵の食べ放題!という特集で、巻頭特集の記事の中で月光園も紹介されてますね。
関西ウォーカーをご覧になった方の特典もございますので、ぜひ一度書店、コンビニにてお買い求め下さい。

有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: メディア紹介

有馬の名所〜炭酸泉源〜

今日は有馬の名所、炭酸泉源のお話です。
お土産屋さんのたくさん集まる太閤通から湯本坂、タンサン坂を登ってゆくと炭酸泉源公園という小さな公園があります。
ここで湧き出ているのは冷泉の炭酸水です。
この炭酸水、飲料場があって飲むことができます。
飲んだ感想としては、炭酸の味よりか鉄分の味の方が少し目立っている感じがしますね。

泉質:銀泉(単純二酸化炭素冷鉱泉)
温度:18.6度
深さ:13メートル

この炭酸水、かつては毒水として恐れられて、誰も近づかなかったそうです。
それが明治期に飲料に適していることが判明してから、砂糖を入れてサイダーとして売り出されるようになり、さらには有馬名物の炭酸せんべいを生み出すこととなりました。

この炭酸泉源公園、有馬の町中でも上の方にあり、温泉街を見晴らすことができます。
坂を登って少し疲れたところで炭酸水で一服。
有馬にお越しの折は、一度炭酸泉源公園まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 周辺観光情報(お勧めスポットご紹介・体験記など)

マクロビオティックの広がり


以前にもこの月光園便りでご紹介しましたが、游月山荘のビュッフェレストラン「月の座(ツキノクラ)」のメニューの中心となるのは「マクロビオティック」というお料理です。
このマクロビオティック、特にアメリカでブームを巻き起こしており、各界の著名人もこの食事法を実践しているそうです。

先日もテレビでマドンナがマクロビオティックを取り入れている、ということが紹介されていました。
何でも子どもさんのアレルギー改善のためにマクロビオティックのプライベートシェフを雇われて、自分でも実践するようになったとか。
そのお抱えシェフ、実は日本人なんですね。
西邨まゆみさんという方で、マドンナも「私の料理を作ってくれてるのはまゆみさん」と発言していました。
こういった影響力のある有名人が取り入れていくことでマクロビオティックの人気に火が着いたようです。
マクロビオティックを取り入れていると言われる著名人としては、、、
トム・クルーズ、グウィネス・パルトロウ、クリントン元大統領、カーター元大統領
などなど、たくさんの方の名前が挙がってきます。

元々は日本の食事法が元となり、その考え方を海外で広めたのも久司道夫さんという日本人です。
最近は逆輸入という形ですが、日本でもようやく人気が出てきたようですね。
インターネットで「マクロビオティック」というキーワードで検索するとたくさんのサイトに引っかかります。
その中で、「月の座(ツキノクラ)」がマクロビオティック料理と言えばここ!と言われるような存在になりたい、というのが一つの目標ですね。
今後もその目標を目指して頑張って参りますので、月光園のレストラン「月の座(ツキノクラ)」をどうぞよろしくお願いいたします。

有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 有馬温泉豆知識

新緑の月光園


ゴールデンウィーク真っ最中ですね。
今日も有馬の中はたくさんの人でいっぱいです。
この時期の有馬温泉にいると、やっぱり有馬は有名観光地だなあ、と実感できますね。

写真は本日の落葉山の様子です。
今日はお天気も大変よく、新緑がきれいです。
写っている建物は游月山荘です。
新緑に抱かれた館といった風情ですね。
鴻朧館の客室からだと、窓いっぱいの落葉山の風景をお楽しみいただくことができます。
さらに眼下には滝川が流れ、有馬でも随一の景色がご覧いただけます。

ゴールデンウィークの後も、新緑の月光園へお越し下さい。

有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 有馬からの四季便り