エステサロンのみの利用が可能となりました!


今日の有馬は久しぶりに晴れています。
ようやく、今年の長い梅雨も終わりが見えてきたようですね。
また「戻り梅雨」にならなければいいんですが。
今はほんとに、梅雨明けを待ち望まれるところです。

さて、昨年8月にオープンしましたスパエステ「キュール」。
おかげさまでご好評を頂いております。
これまではサロンのご利用はご宿泊のお客様に限定させて頂いておりましたが、この度サロンのみの直接利用が可能となりました。
かねてからのお客様のご要望にお答え致しました。

スパエステ「キュール」の詳細はこちら

また、ご希望のお客様は日帰り入浴もご利用いただけます。

キュール利用限定日帰り入浴プラン
(税込)2,000円
フェイスタオル、バスタオル、館内用浴衣つき

より利用しやすくなりましたスパエステ「キュール」。
姉妹サロン「グランモア」と併せまして、今後ともよろしくお願いいたします。

平成18年7月26日 有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 月光園情報(最新情報・お宿自慢など)

「花は野にあるように活け」


 花の美しさは、人生にたとえればほんのひとときであり、茶席に活けられた花の枯れるまでの刹那の美が、お客様に対するもてなしだということを、千利休は七則の中で教えています。
 茶室に活けているお花は、豪華絢爛な小原流とは相対的に異なります。
「南方録」の中で、
「小座敷の花は一いろを一枝か二枝かるく活け、四畳半にもなりては、二いろをも許すべし」
と、花は少ないほど花そのものの美しさがあらわれて良いとあります。

 お茶のお稽古の日にお花をみると(写真)、有馬籠に柏葉紫陽花と桔梗、そしてかんぞうのお花が挿してありました。これは、全て自然の野に咲く花です。籠花入の場合は、三種ほどは活けてよいそうですが、やはり茶室のお花は少ないほうが、茶室の清楚な空間と相乗効果を為して、美しく感じられます。これが、「わびさび」なのだなと息をのみます。

 また、お軸には「雲収山厳青」とあります。作は、立花大亀という方で、紫野大徳寺の搭頭です。この「紫野」という地は…と、お茶の先生が大徳寺という茶人にとって大切な場所を、歴史を紐解いて教えてくれました。
大徳寺は利休が三門を寄進したのですが、二階部分に仏殿を設け、そこに数体の仏像の他に雪駄履きの利休の木像も安置した為、その門を秀吉が通った際に「利休の股の下を通らせた」と秀吉の逆鱗に触れ、利休を切腹させたそうです。切腹の原因は他にも考えられ、定かではありませんが、このような言い伝えがあります。
このようにただ一つの言の葉で、大河ドラマが奏でられるのは、文化の面白みですね。

平成18年7月25日 有馬温泉月光園 福山

カテゴリー: 有馬温泉豆知識

神戸空港〜関西空港ベイシャトルと関空二期工事視察

昨日、“神戸空港・関西空港ベイシャトル”と“関西空港二期工事”の視察に行って参りました。
ベイシャトルは7/13より就航しており、先日もこのブログでご紹介いたしました。

今回の視察ルートは、
有馬温泉-<直通バス>-神戸空港-<ベイシャトル>-関西空港となります。

神戸空港から関西空港までなんと29分で到着。
ベイシャトルの中は、ユニバーサルデザインで幅が広く車椅子の方も安心なバリアフリーです。駐車場からターミナルは歩いてすぐの目の前にあります。
神戸空港からはポートターミナルまでのシャトルバスも出ており非常に便利。
このバスは約1時間に1本出ており、ベイシャトルの発着ととほぼ同じタイミングで運行しています。
関西空港では、今、第二期建設中で、二本目の滑走路の建設現場に行きました。
今ある1本目は3,500Mですが、2本目は4,000Mの長さ。2007年完成にむけて着々と準備されています。
第二期の課題は、地盤の問題が一番大きいなことです。滑走路を第一期よりも沖に作り、第一期よりも広い規模の為、地盤の改良→護岸築造→埋立造成といった作業を要します。
現在は途中段階の様子もご覧いただけるイベント等の実施がなされています。
ご興味がある方は、是非見に行ってください。

●二期空港島現場見学ツアー/072-455-4040
関西国際空港用地造成株式会社

2007年第二期完了となれば、滑走路も二本になり、国内外問わずたくさんの方が関西に訪れ、その関西空港からのアクセスに神戸空港ベイシャトルがあれば非常に神戸も近い存在になります。観光するには便利さが伴ないます。観光と交通は密接な関係ですね。有馬温泉〜神戸空港までも無料バスがありますので、是非有馬温泉まで足を運んで下さい!

有馬温泉月光園 植田

カテゴリー: 周辺観光情報(お勧めスポットご紹介・体験記など)

ニッコウキスゲ(日光黄菅、もしくは日光黄萓)


六甲山より今週の高山植物

月光園より六甲有馬ロープウェーにて12分、六甲高山植物園ではニッコウキスゲがただいま見ごろを迎えています。
小さな黄色の花が西入口でお花畑になっています。

このニッコウキスゲ、花が黄色で葉がカサスゲ(笠萓)に似ていることからその名がついたそうです。
日光の名前はついていますが、特に日光だけというわけでなく、全国的に見られる花です。

Wikipediaのニッコウキスゲの欄でも六甲高山植物園の様子が紹介されています。
ただ、ニッコウキスゲでなくその別名のゼンテイカ(禅庭花)の名前で紹介されていますね。
1日花、つまり花は1日だけ咲いて散ってしまいますが、高山植物園では群生しているため長くお楽しみいただけます。

ニッコウキスゲの花言葉は「日々あらたに」「心安らぐ人」「夏美人」。
7月24日の誕生花でもあります。

いっぱいに咲いたニッコウキスゲ、六甲高山植物園で7月いっぱいが見ごろです。

平成18年7月18日(火) 有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 有馬からの四季便り

有馬の水道水と水源、千苅ダム(千刈貯水池)


今日は有馬温泉は大雨です。少し外を歩くだけで足元がかなり濡れてしまうぐらいどしゃぶり・・・・・。せっかくの海の日ですが、残念ながら海水浴は無理そうですね。でもせっかくの休日、どこかに行きたい!!という方は是非、当 月光園鴻朧館・游月山荘の温泉&ご昼食のお日帰りへお越し下さい!どしゃ降りの雨を眺めつつの温泉と食事…なかなか良いものです!!

さて、そんな今日の月光園便りは水にちなんで有馬の水道水にまつわるお話です。

月光園の喫茶コーナーでお水を飲まれたお客様はよく、有馬の水はおいしい、と仰ってくださいます。
私どもがお出ししているのは普通の水道水なのですが、確かに一味違うという感じがします。

水はただ冷やしただけでもおいしさが違うものですが、有馬の水は神戸の他の地域とも違う味です。
私自身、地元が同じ神戸の垂水という所なのですが、地元の水道水にはほんのかすかに苦味が感じられます。

それというもの、神戸や阪神間の水道水は淀川の水を利用しているのですが、有馬地域の水道水は道場町の千苅ダムの水を浄化したものなんですね。
水源が違えば水の味も当然違ってきます。
阪神地区の大半は淀川の水道水を利用していますが、特にその地域から有馬にお越し頂いたお客様はおいしく感じられるかも知れません。

ちなみに有馬の水源である千苅貯水池の水は、先日この月光園便りでご紹介した武庫川とつながっています。
水道水を提供する千苅浄水場は武庫川と有馬川が合流する地点の近くにあります。

もちろん有馬の良い水は月光園のお料理にも活かされています。
有馬温泉まで良い水と良い湯の旅、というのも良いかも知れませんね。

平成18年7月17日(月) 有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 有馬温泉豆知識

合歓の木(ねむのき)が咲いています。


月光園の敷地内で合歓の木 (ネムノキ)の花が咲いています。
鴻朧館のフロントロビーから花が咲いている様子がご覧いただけます。

糸を集めたような不思議な形をした合歓の木の花は、夕方から夜にかけて暗くなってから花が開くという特徴があります。
その代わり葉っぱは夜になると閉じてしまいます。
漢字名の合歓の木はその閉じた葉っぱの姿を夫婦の様子に例えているんだそうです。

和名は「眠の木」ともいうのですが、やはり葉っぱが閉じた様を眠った様子に例えたところからきているようです。
夜に葉っぱが閉じて花が開く、というところが特徴的な木ですね。

ところで、「ねむの木の子守唄」という子守唄をご存知の方もいらっしゃるかと思います。
このねむの木が登場する子守唄ですが、この歌、皇后陛下が作詞された歌なんですね。
なんでも高校時代の美智子皇后が作詞され、秋篠宮殿下ご誕生をお祝いして作曲されたんだそうです。

アンパンマンのシリーズの中にも「ねんねんねむのき」という作品があります。
特徴のある木だけに、物語の題材にしやすいのかもしれませんね。
お客様の中にも、フロント係にねむの木の話をして下さった方がいらっしゃいます。

鴻朧館ロビーラウンジ「カフェクロワッサン」からの眺めは特に良く、ねむの木もご覧いただくことができます。
ご宿泊の方でなくてもロビーラウンジはご利用いただけます。
有馬にお越しの折はコーヒーを飲みに、ぜひ一度お立ち寄りください。

平成18年7月15日(土)
有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 有馬からの四季便り

いけばなについて


月光園の女性従業員のうち数名は、お花の先生の下で客室のお花を定期的に活けています。
いけばなは古くから、仏教の伝来とともに仏前の供花にあるといわれています。
そして、室町時代から文献や資料の中で登場し、安土桃山時代には千利休が茶の湯とともに、茶花を確立しました。
桃山から江戸初期にかけては、池坊専栄が立花として、町人の間に広めていきます。
そして、明治になって西洋の草花が栽培されるようになってきた頃に、小原雲心が盛花という形式のいけばなの道を開きます。

このように華道には、いくつかの流派が存在しますが、私たちは小原流の教えをうけています。
小原流の趣の面白さは、盛花という今までのいけばなの線の動きを主としたスタイルから面的な広がりを強調したスタイルへと、いわば一元的な美しさから二元的な美しさへと移行したところに、特徴があります。
写真のお花は游月山荘の廊下に、先生が活けたものです。私もいつかこのくらい美しく魅せることができるほど、上達したいものです。

月光園へお越し頂いた際には、是非お部屋や廊下のお花もご覧下さいませ。今までと違った空間を、お楽しみ頂けることかと思います。

有馬温泉月光園 福山

カテゴリー: 有馬温泉豆知識

夏用のお茶道具を出しました

7月になりましたので、夏用のお茶道具を数点出しました。その中のいくつかで、個人的に好きな品をご紹介します。

上の写真は、硝子平茶碗です。硝子と青い模様が、清涼感がありませんか?夏用茶碗は、暑い季節に熱いお茶を飲みますので、熱さを逃がす為に他の季節のものに比べて、深さが浅いつくりになっています。逆に冬のものは深くなっていて、熱を逃がさない為です。
下の写真は、江戸切子の水差しです。切子とは、硝子の表面に金盤や砥石を用いて様々な模様をカットする技法で、模様は菊や麻の葉などの植物や、格子、篭目(かごめ)といった江戸の生活用品を題材としたものが多いそうです。

どちらも硝子製のものですが、初めて見たとき、お茶の道具で硝子を使ったりするのが意外に思いました。私だけでしょうか?特に江戸切子の水差しは無色ですが、かなり華やかに感じます。大きいので水を入れて持ち運ぶのは割と大変ですが、好きなので使っています。
夏を感じさせるものが増えてきて、夏も間近という感じですね。

有馬温泉月光園 北野

カテゴリー: 有馬からの四季便り

滝川と有馬川、武庫川

月光園の敷地内を流れる川は滝川といいまして、游月山荘はご利用の際は月光橋を渡ってお部屋まで行くことができます。
この月光橋からの眺めが月光園の売りの1つで、春は桜、6月には蛍、秋には紅葉と四季折々の風情をお楽しみいただけます。
月光園にお越しいただいたお客様も、橋の上で写真を撮られる方がたくさんいらっしゃいます。

この滝川は月光園を離れた後に有馬町内を流れ、太閤通りで六甲山を源流とする六甲川と合流して有馬川となります。
2つの川が合流する地点には太閤豊臣秀吉の妻にちなんでねね橋という橋が掛かっており、ねねの像も建てられています。

有馬川はその後、太閤橋を越え、西宮市の方へと流れていきます。
以前この月光園便りでご案内したように、有馬町内では蛍を見ることもできます。
有馬川はその後北へと向かうのですが、道場町生野で大きく南東へと進路を変え、武庫川と合流します。
武庫川はその後、武田尾、宝塚を経て鳴尾浜で海へと注ぐこととなります。

こうして見ると有馬と阪神地区は繋がっているんですね。
山奥のイメージを持っていらっしゃる方の多い有馬温泉ですが、大阪まで1時間、神戸からは30分でお越し頂ける距離です。
ぜひ一度、有馬まで気軽にお越し下さい。

有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 有馬温泉豆知識

苔ブーム到来?!


苔育成キット作成のススメ

〜苔育成キットの作成方法〜
ペットボトルを加工して、炭ボールを入れます。
水をひたひたに入れ、苔を置いて終了。

最近、苔を育て始めました。
自宅駐車場、アスファルトの隙間に生えていた苔です。
上記の苔育成キットで育てていますが、朝一は鮮やかな緑色をして
すごく綺麗です。
昨日、ドライアイスを入れてみました。ドライアイスは水に触れると
煙がでました。その煙が苔にまとわりつきます、二酸化炭素です。
言わずもがな、植物は二酸化炭素を好みます。
今朝の苔は一層鮮やかな緑色をしていました、少し成長も見られました。
大袈裟かもしれませんが、部屋の中にフレッシュな酸素を感じました。
植物を育てると心が和みますが、実はこれ、植物が水分を発散する時にマイナスイオンを発生させている事がひとつの要因になっているそうです。
フレッシュな酸素を提供してくれ、マイナスイオンまで発生させる植物。
そんな植物の中でも、苔はすごく丈夫で育てやすいのでお勧めなのですが、陰湿なイメージを持たれている方が結構多いので、ご注意ください。
苔ブームを巻き起こしましょう。
 
    有馬温泉月光園  木村

カテゴリー: その他(担当者の独り言・その他情報など)