【有馬温泉月光園便り】神戸関空ベイシャトル 神戸空港-関西空港をはしごで見物

先日、神戸-関空ベイシャトルを使って関西空港に行ってきました!

今回、有馬と神戸空港を結ぶ無料バスは使わずに、ポートライナーで神戸空港に向かいました。

神戸空港ができてからポートライナーに乗るのは今回が初めて。
なのでルートが変わってから乗ったのも初めてなので、いつも曲がるところで曲がらないポートライナーに少し違和感を覚えます。

神戸空港はそれほど大きな空港ではありませんが、さすがにできて半年というだけあってキレイですね。
最新型の地方空港といったところで、ほどほどの広さです。

神戸空港をひとしきり見学した後、空港島のなかをぶらぶらと歩きながらベイシャトルの乗り場へ。
空港島内には徳之島から贈られたという椰子の木があったりして、のんびりムードが漂っています。
島の北側に釣り場もあるので、それ目当ての方もたくさん来ているようでした。

そして片道1,500円を支払い7月よりスタートしたばかりのベイシャトルに乗り込みます。
かつてポートアイランドと関空を結んでいたK−JETという船がありました。
ベイシャトルとは船体が変わっていますが、コンセプトはどこかしら一緒なのでしょう。
船内では昔、K-JETに乗ったときのことを思い出して、懐かしい気持ちになりました。

関空までは確かに早く、所要時間29分で関西空港に到着します。
少し冷房が効きすぎた船内から海を眺めていると、あっという間に関空が見えてくる、といった感じですね。
船内で流れていた神戸観光案内のビデオも、到着時間ピッタリで終了しました。
海の上ならまず渋滞もなく時間も読めますし、あまり船酔いするほどの時間でもないので快適です。

関西空港島に到着してから旅客ターミナルまでは無料のシャトルバスを使う必要があります。
何度か乗換えがあるのがベイシャトルルートのネックですね。
スーツケースでなく、バックパックを背負って旅立つ方には良いと思います。

関西空港は何度か訪れたことはあるのですが、やはり大きいですね。
時間があったので関空内を一回りしてみたのですが、郵便局やら交番まであり、さすが本格的な国際空港といった感じです。
今回は海外から帰ってきた友人を出迎えに行ったのですが、到着ロビーを探すのもひと苦労なぐらいです。

K-JETは早い時期に運行休止となってしまいましたが、ベイシャトルはぜひとも存続してほしいものですね。
海の旅と空の旅、同時に味わう旅はいかがでしょうか。

平成18年8月31日(木) 有馬温泉月光園 奥平


カテゴリー: 周辺観光情報(お勧めスポットご紹介・体験記など)

【有馬温泉月光園便り】有馬から六甲山へ サギソウ(鷺草)


六甲山より今週のお花

六甲高山植物園ではサギソウが見ごろを迎えています。
シラサギが羽を広げた姿ににていることからその名がついた、美しい形をしたラン科の花です。
愛好家の間でも人気の高い花です。

湿地帯が全国的に少なくなったことから生息地域が減り、今では絶滅危惧Ⅱ類(絶滅の危険が増大している種)に指定されています。
ただ、もともとは繁殖力の強い花なんだとか。
栽培も比較的簡単で、家庭で育てることも可能だそうです。

ちなみにサギソウの花言葉を並べてみると、

夢でもあなたを想う、神秘的な愛、繊細、清純、無垢、神秘、発展

どれもなんとなく納得できるものがほとんどですね。
白い姿が純粋というイメージにつながっていると思います。

このサギソウ、姫路市の市の花になっています。
姫路城が白鷺城と呼ばれることにちなんで決められたそうです。
ほかに、東京都世田谷区の区の花にもなっており、サギソウ祭りも行われているそうですね。

白い繊細な姿のサギソウ、六甲高山植物園で9月上旬ごろまでが見ごろです。

平成18年8月27日(日) 有馬温泉月光園 奥平


カテゴリー: 周辺観光情報(お勧めスポットご紹介・体験記など)

【有馬温泉月光園便り】神戸電鉄 有馬温泉駅


有馬温泉駅の最寄の駅は神戸電鉄有馬温泉駅になります。この『駅』というのは三つの顔を持っています。
 ① 観光の発着点としての駅
 旅行や観光をするにあたり、発着点になりうるところです。有馬温泉駅では、昼から夕方にかけては、駅に到着すると各旅館のマイクロバスが、駅までお迎えに上がっている光景が多く見られます。午前中は、お客様を駅までお送りし、お見送りをする光景が多く見られます。温泉地ならではの光景です。
 
 ② 地域と駅
 日常は、通勤通学として有馬に住む人々、また有馬に通勤通学する人々の足として多くを占めます。また、駅近くには阪急バスや神鉄タクシーなど交通アクセスの中心になり、地域に密着したものになります。

 ③ 観光と地域の中心としての駅
 駅は、あらゆる市や町の中心に位置するものであり、駅を利用する為に人が集まってくるところになります。また、駅に広告やポスターを貼り、有馬温泉の魅力やイベント等、施設告知など情報発信の中心になるところと言えます。

 駅と観光と地域は、それぞれに相互関係があると言えます。『駅』がひとつあることにより、その地域への活性化に繋がります。観光地と駅は切っても切れないものです。有馬温泉にもそれは当てはまると思います。有馬温泉へは、神戸電鉄で有馬温泉までお越し下さい。

平成18年8月25日(金)有馬温泉月光園 植田


カテゴリー: 有馬温泉豆知識

【有馬温泉月光園便り】処暑(しょしょ)の有馬


今日の有馬は朝から快晴で、非常に暑いです。
セミの声があちこちから聞こえ、夏らしいお天気ですね。
ハンカチ王子様じゃないですけど、汗拭きタオルが欠かせない季節です。

今日は二十四節気のひとつ、処暑にあたります。
処暑というのは、暑さが次第におさまり、日に日に涼しくなるという意味です。
今日はまだまだ暑いですが、秋の訪れは間近なのかもしれませんね。

二十四節気でいえば処暑の次は9月上旬の白露ということになります。
処暑も白露もテレビニュースで使われる言葉というか、普段の日常会話では中々使わない言葉ですよね。
ただ、意識してみると確かに季節を表す、古代中国の生活の智恵なんだなと実感できます。
もちろんというか当然というか、二十四節気の中の使わなそうな言葉でもパソコンでちゃんと変換できたりもします。

天気予報によると、今日の午後は西日本のお天気が少し不安定なんだとか。
有馬でもにわか雨か、夕立が来るかもしれないですね。
外出される方はどうぞお気をつけてお出かけ下さい。

平成18年8月23日(水) 有馬温泉月光園 奥平


カテゴリー: 有馬からの四季便り

【有馬温泉月光園便り】月光園が“ 速水もこみち ”とコラボレート!?

皆様、こんにちは。
タイトルに驚かれた方が沢山いらっしゃることでしょう。
実は、この度月光園の広告を【osaka City netWork C・Work】に掲載いたしました。
現在発行中の8月15日号の表紙を飾っているのが、映画“ ラフ ROUGH ”の広告と当館“月光園”なのです。
大きな、速水もこみちさんの写真の下に当、月光園の広告!
ちょっと気分がいいですね。

こちらは、9月20日ころまでWEB上でも閲覧ができます。(デジタルちらしと言うらしいです。)
ご興味がある方は是非ご覧下さいませ。
(ご興味がない方もできれば見てください!)

この【osaka City netWork C・Work】はフリーペーパーで、大阪の地下鉄の改札においてあるようです。(求人情報、イベント情報、映画情報など盛りだくさんの内容です。)

今回は、このフリーペーパーへの掲載だけでなく、フリーペーパーラックの大きなポスターも出しております。
こちらは、1週間くらい出てると思いますので、大阪にお住まいの方やお勤めの方は目にすることと思います。
ちなみにポスターのある駅は、
御堂筋線「新大阪駅」「中津駅」「梅田駅(3箇所)」「淀屋橋駅(2箇所)」「本町駅」「心斎橋駅」「なんば駅(2箇所)」「天王寺駅」「なかもず駅」
谷町線「東梅田駅」「天満駅」
四ツ橋線「西梅田駅(2箇所)」「本町駅」「なんば駅」
中央線「弁天町駅」「谷町四丁目駅」
千日前線「谷町九丁目駅」
堺筋線「扇町駅」「天下茶屋駅」
鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク駅」  です。

期間中に上記の駅を通りかかった方は、是非フリーペーパーの“C−WORK”を手にとって下さい!

   有馬温泉月光園 幸坂


カテゴリー: メディア紹介

【有馬温泉月光園便り】湯泉神社


 当館から徒歩5分ほどの場所にある湯泉神社では、大己貴命・少彦名命・熊野久須美命の三神を祀っています。
 湯泉神社は、子授けの神社としても有名です。子宝に恵まれない人は、有馬の湯に入り、湯泉神社で祈願すれば子宝に恵まれると伝えられています。
 平安時代には子授けを祈願し、男形、女形を奉納されていたと伝えられ、これが現在の「玉鉾(たまほこ)さま」、「阿福(おふく)さま」という男形、女形の子授けのお守りとして受けつがれています。
 月光園游月山荘では、湯泉神社の御分霊をいただき、「阿福の湯」「玉鉾の湯」として、子宝を願う方々の健康と御利益を願っています。こちらは源泉掛け流しの露天風呂となっています。そしてロビーには湯泉神社よりいただいた霊験あらたかな玉鉾さまと阿福さまの御印をお祀りしていますので、ぜひお参り下さい。

   平成18年8月19日(土) 有馬温泉月光園 細川
 


カテゴリー: 有馬温泉こだわり情報

【有馬温泉月光園便り】体に良いもの

 当館游月山荘では、マクロビオテックを取り入れたレストラン『月の座』を営業しておりますが、個人的にもただ今美容と健康ブームで、『お肌にも良いものを!』とお気に入りで愛用しているコスメティックがあります。
 新鮮な野菜やフルーツ等を原料に作られたボディソープやシャンプー、化粧水などを販売されている『LUSH』というお店が神戸の三宮(神戸国際会館地下2階)・神戸三宮支店)にあります。
お店の雰囲気もすごく明るくて、スタッフの方々も気さくな方ばかりで、とても楽しくお買い物ができます。軽く常連気分な私もスタッフの方々とは友達のようにお話しできたり。
商品一つ一つを丁寧に説明してくださるので、とにかくいろんな商品に目移りしてしまいます。
どの商品もネーミングやデザインから凝っていて、体に優しいだけではなく、視覚からも和やかになれます。
 女性向けかな?と思われますが、男性の方も来店されています。女性へのプレゼントにも喜ばれるそんなお店です。
 体の中から外まで、体に優しくて、良いものを取り入れていきたいですね!

  有馬温泉月光園 前田


カテゴリー: 月光園情報(最新情報・お宿自慢など)

【有馬温泉月光園便り】お盆の月光園の道案内


今日の月光園便りは有馬温泉内の交通事情についてのお話です。

ここ数日、お盆だけあって有馬内の道は大変混み合っています。
お昼ごろから渋滞が始まり、夕方6時になってもまだ解消されていません。

昨日は全国的な帰省ラッシュのピークだったようですね。
その分、中国自動車道も混み合っているようですが、それに加えて有馬の中でも渋滞しています。

この渋滞を避けてお車で月光園にお越しいただくには、

・渋滞のひどい時間帯を避けるためになるべくお早めにお越しいただく
(12時前には既に混み始めます)

・特に渋滞する「金の湯」の前を通らずに、太閤橋を渡る大回りルート(太閤橋>芦有道路ゲート前右折>杖捨橋越えて左折)でお越しいただく

といった方法があります。

ただ、やはり電車でお越しいただくのが一番スムーズだと思います。

大阪からも70分程度でお越しいただけます。
いつも有馬までは車でおっしゃる方、一度電車もお試しいただいてはいかがでしょうか。

平成18年8月12日(土) 有馬温泉月光園 奥平


カテゴリー: 有馬温泉豆知識

【有馬温泉月光園便り】レンゲショウマ(蓮華升麻)、

六甲山より今週のお花

六甲高山植物園ではレンゲショウマとキレンゲショウマが咲いています。
どちらも山野草好きにファンの多い花なんだとか。
キレンゲショウマは絶滅危惧種にも指定されている珍しい花です。

レンゲショウマ(写真上)の名前の由来は花がハス(蓮)に、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似ていることからきているようです。
うつむいて咲く姿が印象的な、控えめな感じの花ですね。
キンポウゲ科の1属1種の日本固有種です。
1属1種とはつまり、近しい仲間がいない種のことを指します。
さらに仲間がいない種だと1科1属1種という種もあるようです。

キレンゲショウマ(写真下)はレンゲショウマと名前は似ていますが、こちらはユキノシタ科です。
ラッパのような形で可愛らしい花ですが、めったにお目にかかれない花です。
絶滅危惧Ⅱ類に指定されている、貴重な花だそうですね。
ちなみに絶滅危惧Ⅱ類とは絶滅危惧ⅠA類、絶滅危惧ⅠB類に次ぐ程度の絶滅危険度で、「絶滅の危険が増大している種」を指定しています。

めったに見れないキレンゲショウマ。六甲高山植物園で一度ご覧下さい。

平成18年8月11日(金) 有馬温泉月光園 奥平


カテゴリー: 周辺観光情報(お勧めスポットご紹介・体験記など)

【有馬温泉月光園便り】美容と健康とマクロビオティック


今日の月光園便りは美容と健康についてのお話です。

游月山荘のお料理は美容と健康に敏感な方にお勧め、マクロビオテックが中心のビュッフェメニューです。
マクロビオティックというのは精進料理を起源としたもので、海外より逆輸入された考え方ですね。
マクロビオティックについては何度かこの月光園便りでもご紹介しています。

・4月11日 マクロビオティックって何?
・5月8日  マクロビオティックの広がり
・5月16日 マクロビオティックのうんちく

「美容と健康」、この2つの言葉は普段から何気なく一括りにされて語られることが多いですよね。
2つで1セットといった感じの言葉ですが、日本以外でも密接に関連するものとして捉えられているようです。
たとえばベトナムでも、「美しい人は極上の健康体である」という考え方が広く受け入れられているようですね。
ベトナム人に美人について尋ねてみると、田舎の澄み切った空気の中で働く女性の美しさを挙げる人が多いんだとか。
美容ためには、まず健康であることが大きな条件という考え方、広く世界中で受け入れられているようですね。

マクロビオティックは日本発ですが、海外とくにアメリカで広まったメニューです。
俳優やアーティストといった方々がマクロビオティックを取り入れるのも、健康による美容効果を考えてのことだと思います。

このマクロビオティックのメニューと温泉で、体の内と外から健康に、というのが游月山荘の大きなウリです。
さらに今月からはデトックスメニューも加わりました。
ぜひ一度、游月山荘の美容と健康の旅、体験してみてください。

平成18年8月9日(水) 有馬温泉月光園 奥平


カテゴリー: その他(担当者の独り言・その他情報など)