春節祭

中国では旧暦で節句を祝うそうです。
ですので、お正月も旧暦。
呼び方は“春節”となり、龍や獅子が踊り、爆竹が華々しく鳴り響くそうです。

神戸の観光名所でもある南京町。
こちらでも今年で20回目を迎える春節祭が、2月の7日から11日まで行われるそうです。

『関聖帝君(関帝・三国志の英雄関羽)』は商売繁盛の神様でもあるそうで、期間中は祀っている祭壇に参拝できるんですって。

「中国式と日本式は参拝方法が違うのかな?」

という疑問も生まれますが、そこは参拝指南役に『西遊記』の孫悟空・猪八戒・沙悟浄・三蔵法師がいらっしゃるので安心!参拝の後は一緒に写真撮影を楽しむこともできるそうです。
独特の衣装に身を包んだ彼らにあうのも楽しみですね♪

また、海栄門(南楼門)前ではポチ袋くじが販売されるそうです。

特賞賞品が豪華です!

2月7日(木)⇒北京オリンピック観戦ツアー(1本)

2月8日(金)⇒台湾往復航空券(1本)

2月9日(土)〜11日(月・祝)⇒香港旅行(各日1本ずつ)

このほかにも宿泊券や食事券などもあり、ハズレなし!だそうです。

中国風のお正月を楽しみながら、南京町のおいしいもの食べ歩き♪なんて週末はいかがですか?

2月7日ならお昼から中国の史実上の英雄たちや傾国の美女・楊貴妃などに扮した方々のパレードに出会えるかも?

見ているだけでも楽しい♪南京町のホームページはこちらからどうぞ☆

では、今日はちょっと寒さが緩んだように感じますが、お風邪など召されませんようお気をつけ下さい。

平成20年1月30日(水)
有馬温泉月光園 岡本


カテゴリー: 周辺観光情報(お勧めスポットご紹介・体験記など)

蓄音機!!

蓄音機、その存在を今の若い方のどれくらいの方がご存知でしょうか・・・

レコード自体、今ご自宅で使われる方は少ないかもしれませんね。
かく言う私も2〜3枚、どうしてもほしいものをもっているだけですが。

蓄音機とSPレコードで、懐かしの音楽を聞かせてくれるイベントを、
ホール・オブ・ホールズ六甲で2月1日より27日まで開催されるそうです。

いつものオルゴールコンサートも1日7回行われますし、こちらのイベントへの参加も予約制ではないそうです。

ルイ・アームストロングのトランペットに、パティ・ページの“テネシー・ワルツ”。
G線上のアリアはバッハの代表作のひとつですね!

ジャンルも様々にリクエストもできるそうです。

実際に懐かしい想い出をお持ちの方、歴史として知っているお若い方も
レコード特有の音色に耳を傾けてみてはいかがですか?

実演に使用される蓄音機の機種例なども、ホール・オブ・ホールズ六甲さんのホームページで公開されています。ぜひ御覧になってみてくださいね。

平成20年1月29日(火)
有馬温泉月光園 岡本


カテゴリー: その他(担当者の独り言・その他情報など)

1月24日の誕生花

1月24日の誕生花はサフランだそうです。

学名:Ceocus sativus L.
英語名:Saffron crocus

さて、ここで私びっくりいたしました。

『サフランって、クロッカスの親戚なんだ・・・!!!?』

いえ、親戚かどうかはおいておいても、
サフランは私にとって不思議な植物なのです。

カレーやインド料理を食べに行くと出てくる黄色い色のご飯を“サフランライス”といいますでしょう?私もあれは好んで頂くのですが、黄色いお米が炊き上がるから、サフランって黄色だと思っていたのです。

赤でした。

スパイスとして売られているサフランを見てびっくりです。
黄色い粉だと思っていたのに、赤。

『いや、黄色はウコンでは?』

そういう突っ込みはございました。皆様もそう思われたかもしれません。
若干期待を裏切られたような、あの驚きは楽しかったです。

さて、そんな私の楽しい想い出があるサフラン。
花言葉は“歓楽・陽気”だそうです。

もともとが鮮やかな赤、お米を炊くと華やかな黄色になるサフランにはぴったりな花言葉ですね♪

お花自体は淡い紫をちょびっと混ぜた薄いピンクみたいな色で、大変愛らしいお花です。ぜひ一度御覧になってみてくださいね。

平成20年1月24日(木)
有馬温泉月光園 岡本


カテゴリー: その他(担当者の独り言・その他情報など)

今日は電子メールの日。

1994年に当時の電子メッセージング協議会、現在のEジャパン協議会が制定した“いい文の日”もしくは“Eふみの日”という語呂合わせだそうです。

電子メール。

私も毎日利用している、今となってはなくてはならない生活ツールのひとつですね。
はじめはパソコンからだけできたのでしょう、この電子メール。
FAXができたときも大変驚いたものですが、
電子メールはとっても不思議に感じた記憶があります。

私が感じた不思議を見事に言葉にしてくれた方の表現を使うと、

『文字が空を飛んでいくの?』

です。

いえ、そんなわけではないとわかっているのですが、
それでもFAXの文字が電話線の中を走っていたり電子メールの文字が空気中をバビュンと飛んで行っているような思いがあったのです。

携帯電話が普及し、電子メールを活用できるようになった現代。
以前テレビで『昔に比べて便利な道具がある分、人は安易に遅刻をするようになった』という言葉が印象に残っています。

確かに便利になればなるほどそういったマイナス面もあるのでしょう。
携帯電話のマナーもそうですが、一般的なマナーも再度わが身を振り返らねばならないものだと思いました。

平成20年1月23日(水)
有馬温泉月光園 岡本


カテゴリー: その他(担当者の独り言・その他情報など)

タバコの日

今日はピース記念日だそうです。
そして、タバコの日。

なぜかというと、1946年1月13日に高級タバコのピースが10本入り7円で初めて販売されたからだそうです。

ピースといっても、平和の日というわけではなく、タバコの銘柄の方のピースですね。

当時は今のように紙巻タバコは主流ではなかったのでしょう。
もっとも、日本人がその頃初めてタバコを口にしたというわけではなく、
それまで煙管を使っていたわけでございます。

そして何となくアメリカから入ってきたのだろうなと紙巻タバコを想像しようとしながら、なぜかマッカーサーさんの大きなパイプが頭に浮かんでまいりました。

紙巻タバコの前はやっぱりパイプか葉巻だったのかしら?と思ったりもしますが、
当時のお金で7円と言うのは、今の300円よりも高額だったのでしょうね。

当時煙管から紙巻へと乗り換えた方は、初めて口にした紙巻タバコをどんな風に思ったのでしょうね。

歴史を考えるたびにその時代に生きていなかったことを残念に思うこともあり、同時に今この時もいつか何世紀か先にそのように思われるのかと考えてしまいます。
その頃の人々は一体どんな生活を送っているんでしょうか。
見てみたいような、楽しみなような。
未来と言う言葉は簡単ですが、当事者である可能性があると不思議な感覚を覚えますね。

平成20年1月13日(日)
有馬温泉月光園 岡本


カテゴリー: その他(担当者の独り言・その他情報など)

七草粥の日です!

今日、1月7日は麗しき日本の暦の上で、24節気の小寒と5節句の人日・七草にあたる日です。

七草粥、召し上がりましたか?
私は朝から梅干と一緒に頂きました!今では大好きです。昔は苦手でしたが。

芹(セリ)
薺(ナズナ)
御形(ゴギョウ)⇒現在の名前は『母子草(ハハコグサ)』
繁縷(ハコベラ)⇒現在の名前は『繁縷(ハコベ)』
仏の座(ホトケノザ)⇒現在の名前は『小鬼田平子(コオニタビラコ)』(キク科の方)
菘(スズナ)⇒現在の名前は『蕪(カブ)』
蘿蔔(スズシロ)⇒現在の名前は『大根(ダイコン)』

この7種類の野菜を刻んで入れたお粥を食べることで邪気をはらい万病をのぞくと言われていますが、豪華なおせち料理で疲れた胃を休めて野菜の栄養素を補うという効果もあるそうです。

中国では7種類の野菜を入れた羹(アツモノ)を食べて無病息災を祈ったそうですが、平安の頃の日本では米・粟・黍(キビ)・稗(ヒエ)・みの・胡麻・小豆の7種類の穀物を入れた粥が食べられていたそうです。

なんだか甘そうですね。小豆入りですし。
きび団子の黍や稗は歴史の授業を受けていた頃、お米の代わりに食べられていた穀物だったと思います。歴史上だとマイナスイメージの強い穀物ですが、現代においてこれら“雑穀”とされる穀物は栄養バランスが良いということがわかったそうです。それを受けてか、最近ではスーパーのお米売り場や薬局の食料品売り場などで黍や稗の姿を見かけます。
ご飯を炊くときに麦や粟・稗などを混ぜて炊くことで食べやすく栄養価を高められているご家庭もあるのではないでしょうか。

小さい頃は蕪や大根が白いお粥の中でシャリシャリして水っぽく感じて嫌っていた私。絶対に逃げられないとわかっていたので毎年あきらめてかき込んでいたものです。お粥で無病息災を祈られても毎年インフルエンザに直撃して、それでもご飯だけは元気に頂く食い意地が張った子供でしたが。

秋の七草と違い、美味しく頂ける春の七草。
今日まだ召し上がっておられないなら今晩にでもいかがでしょうか?

平成20年1月7日(月)


カテゴリー: 有馬温泉豆知識

入初式

有馬温泉は『入初式』という儀式を毎年1月の2日に行います。
イリソメシキと読むこの儀式は、神話では大己貴命と少彦名命の2神によって発見されたことから始まった有馬温泉。その後仏僧の行基と仁西により温泉は世に開かれ興されて来たそうです。
この恩に対して礼を尽くすため、毎年お正月の2日に行われるのが、『入初式』。

初湯をもんで適温に冷ます湯も見行事を行い、もみ終わった湯で行基・仁西両師像に沐浴をしていただく。
入初式の歌を歌って、お清めされたお米を若松の枝で白紙に掃き寄せるお祓いを行ったりいたします。

私、本日見て参りました!

行事は温泉寺で“年のはじめの歌”を歌うところから始まりました。歌詞のカードをもらった時『あれ?』と思ったのですが、とても有名な歌です。
『年のはじめの ためしとて
 終わりなき世の めでたさを
 松竹立てて 門ごとに
 祝う今日こそ たのしけれ』

この後神職の方や仏門の方と御輿を担いだ方々が行列となって、有馬町内を小学校まで練り歩きます。
湯もみや神式のあと、仏式で両師の像に沐浴をしていただく時。お役目の方がひと通り名を呼ばれた後が私は好きでした。
外国から有馬へ来てくださった方の中から、アメリカからお越しの女性と、中国からお越しの女性に、両師像の沐浴のお手伝いをして頂いておりました。
ご友人やご家族の方がその様子をカメラにおさめておられる様子がとても楽しそうでみているこちらも嬉しい気持ちになる光景でした。

温泉にいらして、お湯とお料理をお楽しみいただいて、観光。
その中に今回のような儀式ともお祭とも言えるものがあるとき、一緒にお楽しみいただけるということは、また違った想い出をお持ち帰りいただけるように思います。

お祭や儀式、時期名物の頃はどうしても混み合いますが、是非このような楽しみ方もしていただければと思います。

平成20年1月2日(水)
有馬温泉月光園 岡本


カテゴリー: 有馬温泉豆知識