日本の文化、お茶のお稽古へ

今日は、1週間ぶりのお茶のお稽古。

いつも一緒に参加してた相棒・三谷氏は外仕事で不在・・・。

わたくし、心寂しく一人で参加したわけですが、

稽古はドンドン先へ進みます。


といっても、いままでの総おさらい的内容で、

「盆略手前」です。


茶筅の印の付いたところを意識しつつ、茶筅通し・・・

抹茶の山を崩さずに茶杓で2杯
腕全体で返して抹茶を抹茶茶碗へ・・・


今日はかなり復習できたように思う。

目標は、京都の実際にお茶をたてているところへ

飛び込みで入って、お茶をいただくこと…。

抹茶パフェ屋さんとかではなく、本当にお茶を点てているところ

で、お抹茶をいただくぞ!いただきたい…、いただけるのはいつになることやら・・・。

でも、ある意味いらない事(雑念と言うんでしょうか・・・)を

考える余裕がないので、一心になることができるんですよね。


京都デビュー、それまで頑張るか。


有馬温泉 月光園 湯浅

カテゴリー: その他(担当者の独り言・その他情報など)

茶杓と棗

今日も張り切ってお茶のお稽古へ行って参りました!

写真に写っている筒のような容器。

この中にお抹茶が入っています。

上にある竹の棒を「茶杓」といい、

お茶の入れ物を「棗(なつめ)」と言います。

これを先週習った帛紗で清めるわけですが

今回も復習からスタート。

まずは部屋に入るところからいきなりアウトw

アレレ?

今日のお稽古にはかなりの自信があった私。

こっそり復習をしてから臨んだはずなのに・・・

湯浅氏のほうが上手に(汗)

帛紗捌きはだいぶ上手にできるようになりました。

次は茶杓の清め方をマスターするぞぅ!

帛紗をくるっと上に回してゆっくり引きつつも、

節があるからやわらかくもちつつも、

先はグッと!

ん~、わかりにくいですね☆

とりあえず難しいです・・・

来週もスッキリ忘れてそうなので

また復習してから頑張りたいと思います!

有馬温泉月光園 三谷

※素人が書いておりますので、間違い等はお許しをm(_ _)m

カテゴリー: 月光園情報(最新情報・お宿自慢など)