日本初の世界文化遺産・国宝「姫路城」体験レポート【その3】

先日・1月25日(月)のブログ、国宝「姫路城」体験レポート【その2】
皆様いかがでしたでしょうか。
ARという最新技術を、歴史あるお城で体験する。なんだか素敵な話じゃないですか。

さて。
少々時間があいてしまいましたが、
本日も例によって、姫路城レポートのご紹介をさせて頂きます!(๑•̀ㅂ•́)و✧

006
姫路城を歩いていると、色々な模様のはいった瓦がございます。
01
中でも有名なのは、この「揚羽蝶紋」の家紋の模様。
少し見えにくいかもしれませんが、これは播磨姫路藩の初代藩主・池田氏の家紋で、
見渡してみると城内にいくつも見ることができます。

★姫路城まめ知識★その4 ~未完成の美・『逆さ揚羽』~
こちらの家紋、実は1つだけ、逆さになっている『逆さ揚羽』の家紋があるんです!
これは「魔除けの逆柱」と呼ばれるもので、「完成と同時に崩壊が始まる」との故事を逆手にとり、
わざと柱を未完成の状態にすることによって、災いを避けようというものです。
どこにその『逆さ揚羽』の家紋があるのか・・・? ぜひ探してみてください!

次回レポートはいよいよ待ちに待った(方がいらっしゃるか分かりませんが笑)、
大天守について書きたいと思います!
それでは!

平成28年2月2日(火) 
有馬温泉 月光園 藤田

月光園公式Facebookページはこちら>>>
「いいね!」ボタンを押して下さると嬉しいです♪


カテゴリー: 周辺観光情報(お勧めスポットご紹介・体験記など) タグ: