「2006年06月」の記事一覧

三宮より有馬温泉への行き方


神戸三宮から有馬温泉にお越しいただく場合、電車もしくはバスにてお越しいただくことができます。
ただ、バスは本数が少なく、時間もかかるため通常は電車でお越しいただくルートをご案内しております。
電車でのルートとしては、

三ノ宮駅>北神(ホクシン)急行>谷上(タニガミ)駅>神戸電鉄三田行き>有馬口>有馬温泉駅

となります。
所要約40分程、運賃は900円です(切符は1枚です)。
月光園にお越しの場合、有馬温泉駅からお電話頂きましたら駅までお迎えに伺います。
ぜひご利用下さい。

有馬温泉 月光園 奥平


白い結晶と赤湯のパイプ


今日の月光園便りは有馬の赤湯(金泉)とそれを運ぶパイプについてのお話しです。

有馬町内にある有馬小学校には赤湯を運んだパイプが保存してあります。
今回、有馬小学校さんにご協力いただき、取材させて頂きました。

写真のパイプですが、中に白いものが詰まっています。
これは赤湯の成分が結晶化したものなんですね。
赤湯に含まれる鉄などの物質、これは湯の中に溶け込んでいるのではなくて混ざっている状態、つまりは混合物の状態にあります。
このため、パイプの中でそれらの成分は沈殿したり、パイプ中に残った成分と結合して詰まってしまいます。
ですので赤湯のパイプの寿命は短く、5年程度で交換する必要があります。

パイプを手にとって見てみると、中に成分がこびりついている様子がよく分かります。
ずっしりと思いのですが、パイプそのものの重さよりも中の成分の重さの方が大きい感じです。

鉄分がパイプ中に沈殿してしまうということは、逆に言えば赤湯の成分が薄まってしまう前にお風呂に給湯するためにはパイプを短くする必要があります。
つまり、赤湯は泉源から近ければ近いほど良いお湯であると言うこともできます。

月光園のお風呂のうち、游月山荘の露天風呂(阿福の湯、玉鉾の湯)は泉源から一番近いために泉質が良く、しかも源泉掛け流しです。
月光園にお越しの折はぜひとも源泉掛け流しの「阿福の湯」「玉鉾の湯」をご利用下さいませ。

有馬温泉月光園 奥平


六甲高山植物園の見ごろ〜エーデルワイス〜


六甲山の観光スポット、六甲高山植物園ではエーデルワイスが見ごろとなっています。

エーデルワイスといえば高山植物の代表的な存在ですよね。
このエーデルワイス、日本で言うとウスユキソウの一種です。

映画「サウンド・オブ・ミュージック」の歌でエーデルワイスの名前だけは知っている、という方も多いのではないでしょうか。
小学生の時にリコーダーで「エーデルワイス」を練習したよ、なんて方も多いはずです。
ただ実物、となると高山植物だけに案外見る機会がないかもしれませんね。
この機会にご覧になられてはいかがでしょうか。

余談ですけど、今回エーデルワイスについてインターネットで調べてみたんですが、カフェやスキー場など、エーデルワイスの名前がついたものって多いですよね。
それだけこの花のイメージが良い、ということなんでしょうね。
元はドイツ語で、日本語に直訳すると「高貴な白」というきれいな名前ですね。

ちなみにエーデルワイスの花言葉を並べてみると、

気高く毅然とした勇気、純潔と不死、高貴、尊い思い出、大切な思い出、勇気、忍耐、初恋の感動、尊い記憶、貴重な思い出

あじさいの花言葉とは違ってこちらは良い意味がほとんどですね。
アルプスの美しい女性の生まれ変わり、などといった物語や映画のイメージがこの花をより一層ポピュラーなものとしているようです。

小さな花ですけど人気のエーデルワイス、六甲高山植物園で6月中が見ごろとなっています。

(写真は六甲山のものです)

有馬温泉月光園 奥平


ホタルがとびかう幽玄茶席


月光園から徒歩5分、有馬ます池にて明日よりイベントが行われます。
有馬ます池のビオトープのホタルを鑑賞し、イングリッシュハープのBGMで幽玄の茶会と手打ち蕎麦の夕べが開催されます。

場所:有馬ます池(神戸電鉄有馬温泉駅徒歩15分、月光園より徒歩5分)
6/24(土)・25(日)18:00〜21:00
入園無料 雨天中止
お問い合わせ 幽玄の茶会実行委員会 078-904-0551

メニュー
二八そば¥500
十割そば¥500
お酒呑み較べ 剣菱¥200
船中八策¥200
お茶席(19:30〜21:00)¥500
おでん一皿 ¥300

24日の19:00からは落語とハープの演奏、
25日には有馬小学校の前校長先生よりホタルのお話が予定されています。

雨天の場合は当日16:00に中止が決まる予定です。
中止の場合のお問合せ先
神戸電鉄鈴蘭台駅 078-591-0064
神戸電鉄岡場駅  078-982-6193

皆様お誘いあわせの上、お越しになられてはいかがでしょうか。

有馬温泉月光園 奥平


月光園からハイキング 〜落葉山、妙見寺〜

月光園の裏山、落葉山の山頂には妙見寺というお寺があります。
登ってみたいなとは思いながら、なかなかその機会が無かったのですが、今回ついに頂上まで登ってきました。

太閤通りの有馬温泉ツーリストさんの脇、少し奥まったところに妙見寺への参詣道があります。
梅雨の中休みで天気の良い中、汗をふきふき30分程で山頂の妙見寺まで登ることができました。
道は狭くて少し急ですが、舗装されているので普通のスニーカーでも大丈夫です。

山頂では野ウサギの歓迎を受けたりと、山の中ならではの光景に出会えました。
街中とは一味違う良い空気で、思いっきりリフレッシュすることができました。

山頂からは元来た道を引き返すこともできるのですが、欲が出た自分はお寺の裏、未舗装の道を伝って降りることに。
ただ、けもの道にスニーカーは向いていないようで、トレッキングシューズを履いてこなかったことを少し後悔している自分がいました。

そして虫と格闘しながら1時間弱、下山した頃には完全に息が上がっていました。
先日ご紹介した鼓ヶ滝公園で少し休憩してからでないと歩けない、といった有様。
次はロープウェーを使わずに六甲山に登ろうと計画しているものの、もう少し鍛えてから、とトレーニングを始めた次第です。

有馬温泉月光園 奥平


二十日大根

游月山荘の玄関脇の「さつき」の花壇に約一ヶ月前、二十日大根の種を30粒程植えました。
2日程経つと、蟻に食べられたり、雨で流れたりして10粒程に減りました。

しかし、その10粒ほどは全て発芽をしています。小さな赤い茎の先に緑の子葉。
毎日の水やり、声かけを忘れず、10日ほどが経過し、茎が伸びてまさに「貝割れ大根」。
かわいくて、かわいくて、食べちゃいたいくらい。
そんな衝動を抑え、我慢に我慢を重ね、毎日の水やりと声かけを続けました。
子葉の間から本葉が見えはじめると、日光を浴びてすくすくと大きくなりました。
車両係の髭のおっちゃんから、おまえは子供ができたら絶対に子煩悩やな。
というお褒めの言葉も頂きながら、毎日水やりと声かけを続けました。

ある日、変化に気づきました。
「あれ?」いつもと様子が違います。
「根っこが太くなってる。」それは目に見えて変わったというような物ではなく、
毎日の観察によって気づいたほんの少しの変化でした。
「もう食べようや」おいおい、何てこと言うんだよ、この髭のおっちゃん。
そう思いながらも食べて見たい。我慢していた気持が少しずつ溢れ出して来ました。
「食べようか」
この一言を発したときは、「娘を嫁に出す父親の気持ち」がほんの少しだけ解った気がしました。

収穫せずに残した物に花が咲き、もしも種が取れたなら、
「孫ができた父親の気持ち」も解るような気がします。
今日、ついに1つだけ収穫します。
私が育てた二十日大根、新しい種もまた撒きました。
盛夏には生き延びることは難しいらしいですが、
できるとこまでやってみます。
是非ご来館の際は声をかけてあげてください。

有馬温泉月光園 木村


月光園から近所にお散歩〜鼓ヶ滝〜


今日ご紹介するのは月光園から一番近い観光スポット、鼓ヶ滝です。
月光園からは徒歩10分以内、散歩がてら行くことができます。
六甲山へと登るロープウェー乗り場にも非常に近いです。

この鼓ヶ滝、かつては滝が2段に分かれており、その音が山々にこだましていた事が名前の由来となったそうです。
今は度重なる洪水などのためその音を聞くことはできませんが、今の滝の音も心癒されるものがあります。
マイナスイオン効果なのか、滝の近くの空気もおいしく感じられます。

この鼓ヶ滝は月光園の敷地内を流れる滝川の上流にあたります。
鼓ヶ滝公園の中でもやはりホタルが飛ぶようですが、今年はまだ飛んでいないようですね。
ホタルを呼ぶきれいな水の源流、その水音を聞くお散歩はいかがでしょうか。

有馬温泉月光園 奥平


念仏寺と沙羅の花


今回は、当館から歩いて5分ほどの場所にある念仏寺のご紹介です。

 有馬温泉の念仏寺は創業1538年(天文11年)で、慶長10年秀吉の御殿(ねねの別邸ともいわれる)の跡地に移転建立されたと伝えられています。神戸七福神巡りの1つ壽老人が祀られ、参拝客がたえないそうです。苔の庭が美しく、沙羅樹園とよばれ、樹齢270年といわれる沙羅双樹の大木があります。この沙羅双樹は夏椿ともよばれる白い花で、開花しても一日で散ってしまい、平家物語の文章のように人生のはかなさを感じられる花といわれています。次から次へと咲き散り行く花は苔の庭一面に散りばめられます。

 ここ念仏寺では、毎年6月下旬に「沙羅の花と一弦琴の鑑賞会」が開かれます。この会では本堂でお茶会の後、ご住職の法話を愉しみ、その後須磨琴保存会の先生方の一弦琴の演奏が開かれます。応募制になっており、今年は6月18日と6月19日に開かれる予定です。

 昨日伺ったところでは、沙羅の花の開花は残念ながらまだでしたが、毎年下旬頃が見ごろのようですので、お近くにお越しの際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 有馬温泉月光園 細川
             


六甲ガーデンテラス「英国&バラフェア」

六甲ガーデンテラスにて、英国&バラフェアが開催中です。
コッテージガーデンでの散策や英国グッズのお買い物などがお楽しみいただけます。
6/16(金)にはプリザービングフラワー教室というフラワーアレンジメントの講習も行われます。

プリザービングフラワー教室
六甲ガーデンテラス内 グラニットカフェ
6/16(金)11:00〜14:00
料金2,000円+教材費別途2,500円程度
要予約 お問合せ先 078-894-2281

日本のゴルフの歴史は神戸から始まりましたが、日本初のゴルフ場は六甲山に造られました。
それでというわけではないのでしょうが、兵庫県は全国でもゴルフ場の多い場所として知られています。
特に有馬周辺はゴルフ場が多く、ゴルフ銀座とも呼ばれていますね。
月光園に宿泊されて翌日はゴルフ、というお客様も本当に多いです。

英国&バラフェアは7/2(日)まで開催中です。
月光園から六甲ガーデンテラスまではロープウェーで約12分で行くことができます。
月光園の温泉を楽しんだ翌日には六甲山で優雅なアフタヌーンティー、そんな休日も良いかもしれませんね。

有馬温泉月光園 奥平


神戸ウォーカーに游月山荘が掲載されています!


今回の神戸ウォーカーの特集は兵庫温泉宿グランプリ、というもので游月山荘が掲載されています。
その中でなんと、游月山荘は5位に選ばれました!
数ある旅館の中でも5位に選ばれて、大変有難いです。

特にお風呂について誌面が割かれて紹介されていました。
游月山荘の温泉の「源泉掛け流し」というのが大きなポイントになったのでは、と思っています。

今回のグランプリは神戸ウォーカーの読者の方や県内の企業の方などたくさんの方、3,856名もの方々のアンケートの結果だそうです。
そんなにたくさんの方のうち、游月山荘を挙げる方が多かったというのは嬉しさと共に本当に身の引き締まる思いです。
機会があればぜひ、ご覧下さいませ。

有馬温泉 月光園 奥平


カレンダー

2006年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

ブログ内検索