鴻朧館
游月山荘

有馬温泉 月光園便り

有馬温泉 月光園よりお得な情報をお伝えします。

【入初式】有馬温泉 年始めのお祭り2019

新年明けましておめでとうございます!
有馬温泉 月光園の西城でございます。お正月、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私はというと、有馬温泉の新年恒例行事「入初式」に行ってまいりました!

★ 「入初式(いりぞめしき)」とは ★
有馬温泉を発見された大己貴命(おおなむちのみこと)、小彦名命(すくなひこなのみこと)と、再興された恩人である行基菩薩・仁西上人に、報恩と温泉の繁栄を祈念して行う儀式です。また、有馬芸妓が扮する湯女の練行列や湯もみ等を行う、新春を寿ぐ行事でもあります。なんと江戸時代から続く行事であります。

「入初式」の行列は、有馬温泉の周辺旅館の従業員も参加します。
(月光園からも数名参加しておりました!)
まずはじめに、温泉寺で「としのはじめ」を参列者全員で歌い、出発いたします。

行基上人像・仁西上人像を乗せた神輿。この御像が無ければ「入初式」は始まりません。

有馬芸妓の皆様。式中での配役によってお着物が違っているのも見どころですね。
帯を背中部分ではなく前で結ぶスタイルです。興味深いですね。

途中で「金の湯」で、朝一番で汲んだ初湯をいただきます。
これも「入初式」には欠かせないものでございます。

とてもなが~~い行列をつくって、有馬小学校の文化講堂へ向かいます。

講堂に到着後は、礼拝を行います。

神式・仏式両方の儀式が厳かに行われ、有馬の人達の信仰の深さと寛容さを感じました。

儀式では神様・仏様に感謝と今年1年の繁栄をお祈り致します。

その次は「湯もみ」です。
先ほど「金の湯」で頂いた初湯をここで使用します。
行基上人・仁西上人の御像に沐浴していただくために、初湯を適温まで冷まします。
湯女(=ゆな/昔の銭湯で髪すき等のサービスを行う女性)に扮した芸妓さんが、
太鼓と歌の調子にあわせて「湯もみ」をします。

「湯もみ」で適温になった初湯で、御像に沐浴をしていただきます。

「湯もみ」が終わったあとは、「祓い行事」でございます。
祝い歌「入初式の歌」の奉納があります。

次に先ほどとは違う湯女衆が、踊りを披露した後、新米を若松の枝で掃き寄せる行事を執り行います。
新米は”有馬にお越しになるお客様”・松は”有馬でお客様を待つ(松)人”を表しているそう。
興味深いですね。


こちらの祓った新米は、「六根清浄」された縁起物として、
和紙に包んでお持ち帰りいただけます♪
閉式後、再び練行列は「温泉寺」へと戻ります。

その道中の太閤通では、これまた目玉イベントである「戻せ、返せ」の行事を行います!
湯女たちが「戻せ、戻せ」と神輿の帰りを惜しむ様を表したと言われる「戻せ、返せ」の行事。
地元の方と上人様との繋がりを感じます。
「もどせ~~」の掛け声で、神輿があっちに走り・・・こっちに走り・・・大変そう!
観光客も掛け声を掛けます!

これにて「入初式」も終了でございます。

この「入初式」は、平成18年3月に「神戸市地域無形民俗文化財」として
認定されている、貴重な1年に一度だけの伝統行事でございます。
今年は見逃した!という方も、2020年はぜひ直接ご覧になってみてはいかがでしょうか♪

平成31年1月3日(木)
月光園 西城

皆様からの「いいね!」をお待ちしております♪
月光園公式Facebookページはこちら>>>

2019.1.1 平成最後のあけましておめでとうございます!

みなさま、新年、明けましておめでとうございます!
平成31年、平成のラストイヤーが始まりました!

平成最後の干支はイノシシ!

平成・・・思い返すと色々なことがありましたね。
・・・・・・・・・・ろ、ロシアワールドカップとか!

平成って何があったかなぁ、もう思い出せないヨ~という方も
https://www.jijiphoto.jp/ext/year/(重要ニュース年表)
こちらのサイトを見れば、ばっちり振り返る事ができるはずです! たぶん!

2019年もいろいろな事があると思いますが、
猪のように前を見て駆け抜けてまいりたいと思います!
本年もどうぞよろしくお願いいたします!!!

平成31年1月1日(火)
月光園 林

月光園公式Facebookページはこちら>>>
「いいね!」ボタンを押して下さい!

本日は12月22日冬至~ゆず湯実施します!

皆様、こんにちは。
有馬温泉 月光園の西城でございます。新年に向けて師走感を感じる今日この頃、
皆様は年賀状のご準備は万全でしょうか。

さて、本日12月22日(金)は二十四節気の「冬至」の日。
北半球では一年で最も昼間の時間が短くなる一日でございます。
今日を境に日が長くなっていくことから「一陽来復(いちようらいふく)」と呼ばれ、
運気が上昇に向かうとされているようです。

そんな「冬至」の日にちなんで、
月光園の大浴場では、「ゆず湯」を実施中!

■実施場所■
鴻朧館 大浴場「金波の湯」「銀波の湯」
游月山荘 大浴場「鶴の湯」「亀の湯」 ※どちらも白湯のみ

なお、鴻朧館・游月山荘の露天風呂付き客室でもゆず湯を実施しております。

 

『「冬至」になぜゆず湯?』とお思いの方へ、由来など。。。
昔は今と違って毎日のようにお風呂に入らなかったので、お湯に浸かる事自体に
お浄めの意味があったようですが、そこへさらに香りの強い柚子を入れる事によって、
邪気を払うといった意味も込められていたようです。
また、“融通が効く湯治” = “柚子が効く冬至” といった、語呂遊びの要素もあったとのこと。

ゆず湯に入ると、「一年間風邪をひかない」といわれています。
ゆずには血行を促進して冷え性をやわらげ、体を温めて風邪を予防する働きがあり、
果皮に含まれるクエン酸やビタミンCには美肌効果もございます!
さらに香りによるリラックス効果が、心身ともに五感から癒やしてくれます。

ぜひ皆様もこの機会に、『ゆず湯』でパワーを蓄えて、
2019年を迎えようではありませんか!
それでは!

平成29年12月22日(土)
有馬温泉 月光園 西城

皆様からの「いいね!」をお待ちしております♪
月光園公式Facebookページはこちら>>>

【2018年 有馬温泉 紅葉情報】その5

みなさま、こんにちは。
有馬温泉 月光園の西城でございます。今回は【2018年 有馬温泉 紅葉情報】その5 でございます。
12月に入り、紅葉の季節も終わりを迎える時期でございます。今年も多くの方を楽しませてくれた葉を惜しみながら、
最後のレポートをしたいと思います。
先週撮影した写真ですが、御覧ください。

まずは、有馬町内です。
落ち葉が目立つようになってきましたが、
綺麗な写真が撮れたので、4枚連続でどうぞ。

次は月光園の景色です。

游月山荘のロビーでは、
数寄屋造りの日本家屋と紅葉の華やかなコラボレーションが楽しめました。

鴻朧館のロビーからは迫力ある落葉山の風景を臨むことが出来ます。

こちらは4階からの写真です。
少し高いところからの、木々から離れた場所での紅葉鑑賞も趣きがあります。

さて、『綺麗な紅葉の写真を撮影出来れば、まだまだご紹介したい』という思いを持ちつつも、
よく見ると葉が落ちている木々も出現しております。

季節は確実に進み、景色は徐々に冬の様相へと変わってきておりますので、
今年の紅葉レポートはここで終了とさせて頂きます。

紅葉の次は、冬の季節を楽しみましょう♪
それでは~。

平成30年12月4日(火)
有馬温泉 月光園 西城

月光園公式Facebookページはこちら>>>

【紅葉茶会 2018 ~瑞宝寺公園紅葉編】

皆さまこんにちは。
有馬温泉月光園の西城でございます。

さて、今回は前回の【紅葉茶会~茶会リポート編】に引き続き、
【瑞宝寺公園紅葉編】でございます。

まずは、山門の写真から!
瑞宝寺公園に来ると、歴史的な建物ということでここに来ると思わず撮ってしまいます。

公園内のお店と休憩所も雰囲気があります。
お店には、だんご・ぜんざい・おでん・飲み物などが購入出来ます。
一服するには、調度良いです。

それでは、公園内で撮影した紅葉の写真を御覧下さいませ♪

澄んだ空気の中、美しい景色を眺めながらの撮影は気持ちが良かったです。
この公園は豊臣秀吉が「いくら見ても飽きない」と言ったと伝承されることから、
「日暮(ひぐらし)の庭」とも呼ばれています。
紅葉がきれいな季節となりましたので、是非多くの方にその光景をお楽しみ頂きたいです☆

それでは!

平成30年11月22(木)
有馬温泉 月光園 西城

月光園公式Facebookページはこちら>>>