有馬温泉月光園便り】有馬大茶会が開催されます


11月2日3日と、有馬大茶会が開催されます。
有馬グランドホテル、念仏寺、瑞宝寺公園にてそれぞれ茶会が催されます。

第57回 豊公を偲ぶ 有馬大茶会

毎年の有馬の年中行事の大茶会、実は50年以上の歴史があるんですね。
タイトルにあるように豊公、太閤秀吉公を偲んで始められたイベントです。
有馬温泉にとって、太閤秀吉公というのは省いては語れないぐらいの人物と言えますね。

気になるお天気の方は、2日とも曇りときどき晴れといった予報のようです。
快晴とはいかないようですが、どうやら雨は大丈夫のようです。

年に1度の大きなイベントです。
当日は有馬町内でお車など大変混み合いますので、どうぞお気を付けてお越し下さい。

平成18年10月31日(火) 有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 有馬温泉こだわり情報

【有馬温泉月光園便り】六甲高山植物園の紅葉


〜六甲高山植物園より紅葉のお知らせ〜

六甲高山植物園では紅葉が進んでいます。
園内ではシラキ、シロヤシオやドウダンツツジの紅葉を見ることができます。

有馬の紅葉はまだまだといったところですね。
11月10日前後からいい色になるのではと思っています。

また、六甲高山植物園内では紅葉スタンプラリーが開催されています。
園内の設置されているスタンプを集めてオリジナルのポストカードを作ることができます。
11月12日まで開催されています。

六甲高山植物園ホームページ

六甲高山植物園は11月29日(水)をもって冬季休園となります。
月光園便りでも何度か季節の植物をお知らせしていたのですが、しばらくの間はお休みですね。
開園は来年の3月21日、春の草花のお便りをお届けできるのではと思います。

平成18年10月30日(月) 有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 周辺観光情報(お勧めスポットご紹介・体験記など)

【有馬温泉月光園便り】神戸市北区 有馬温泉


今日の月光園便りは有馬温泉の住所についての話題です。

有馬温泉は住所で言うと、神戸市北区有馬町になります。
遠方の方だと、有馬温泉という名前は知っていても神戸市内にあるというのはご存じないということがよくあります。
有馬温泉に限らず、有名な温泉地であってもその住所というのは案外出てこないことが多いものですよね。

有馬温泉は神戸という都市の市域の中にあるという点で、温泉地の中でも特異な存在だといえます。
関西の奥座敷の名前の通り、大阪・神戸・京都から近いという立地が、有馬温泉の存在を支えている部分があります。

有馬温泉を訪れる方、というのは日本全国はもちろん、海外からもいらっしゃいます。
ただメインとなるのはやはり大阪、そして神戸の方です。
大阪城の主である太閤秀吉公が有馬温泉のリピーターだったことを考えると、今も昔も有馬の商圏は関西にあるのかな、とも思えます。

有馬温泉は現在は神戸市の中にありますが、かつては有馬郡という地域の中心地でした。
その区域は現在は西宮に含まれる名塩(なじお)や生瀬(なまぜ)、三田市も含んでいました。
以前、ご紹介した有馬富士が今の三田市にあるのも、そういった理由からです。

Wikipedia有馬郡

今も昔も関西の奥座敷であり続ける有馬温泉。
休みができたら有馬温泉に、というぐらいの魅力ある温泉地になれればと考えています。

平成18年10月28日(土) 有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 有馬温泉豆知識

【有馬温泉月光園便り】還暦について

今日の月光園便りは還暦についての話題です。

月光園をご利用される方で、還暦のお祝いとしての旅行の方が時おりいらっしゃいます。
家族皆さんでのお祝いの席で当館をご利用頂けるというのは、私どもにとっても誇りに思えることです。

還暦というのは60年で干支(えと)が一巡し、暦が還ることからついた名前です。
ここで言う干支とは十干(じっかん)十二支(じゅうにし)を合わせたものになります。
十二支についてはご存知の方も多いとは思いますが、十干というのはあまり馴染みのない言葉だと思います。
十干もやはり十二支と同じように暦を表し、甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)、庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)の10種類があり、毎年変わっていきます。

2006年は十二支では戌年で十干は丙になるため、今年の干支は丙戌(ひのえいぬ)というのが正式なものになります。
この干支は甲子園の名前の名前の由来となったり、丙午という迷信を生み出したり、かつては様々な形で生活に密着していたと言えますね。

十二支は12年周期、十干は10年周期なので少しづつずれる形になります。
このずれが60年でちょうど元に戻るので、60歳を還暦と呼びます。
ちなみに十干と十二支を合わせて六十干支(ろくじっかんし)とも呼ばれます。

還暦のお祝いでは「赤いちゃんちゃんこ」や「赤い帽子」を身に着ける慣わしが今でも残っています。
これは60年で干支が1周して生まれた年と同じものになるので、赤子に戻った気持ちで元気に長生きしてくださいという願いを込めたお祝いです。
こいうった昔ながらのお祝いの風習が残っているというのも良いものですよね。
月光園でもお客様のためにちゃんちゃんこと帽子の無料貸し出しを行っています。

十干は10年周期のため、西暦の下一桁より簡単に導き出すことができます。
西暦下一桁
4=甲、5=乙、6=丙、7=丁、8=戊、9=己、0=庚、1=辛、2=壬、3=癸
となっています。

皆さんの生まれた年が正確にはなんと言うのか、一度調べてみてはいかがでしょうか。

平成18年10月27日(金) 有馬温泉月光園 木村

カテゴリー: その他(担当者の独り言・その他情報など)

【有馬温泉月光園便り】Wikipediaに月光園のページが完成


何かと話題にしてるWikipediaに、ついに月光園の紹介ページが完成しました。

Wikipedia 月光園

月光園の基本的な情報は一通りそろっており、月光園の温泉ひついての詳しい情報も掲載されています。
月光園に昔あった「ディスコ 賀(が)」の話題など、かなりマニアックな情報も含めたページになっています。
月光園のホームページと合わせてご覧いただければ、月光園がどんな旅館なのかが分かるのではと思っています。

Wikipedia内を色々と見て回ったのですが、旅行関係の記事はそれほど完成されたものが少ないように思います。
観光地の記事などで面白いものはないものかと巡っているうちに、いつの間にか違う分野の記事を見たりしてしまいますね。

有馬温泉の他の旅館での項目は今のところないようです。
これからもっと盛り上がって、Wikipediaの有馬温泉の項目が秀逸な記事に選ばれるといいな、と思っています。
まずは、有馬温泉の旅館の一覧という項目の登場が待ち望まれるところですね。

平成18年10月26日(木) 有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 月光園情報(最新情報・お宿自慢など)

【有馬温泉月光園便り】有馬の赤湯、金泉


有馬温泉の温泉は赤湯、多量の鉄分が混ざった温泉です。
有馬温泉が関西の奥座敷という地位を保っていられるのも、この赤湯のおかげといえます。
実に1000年以上も湧出し続け、有馬温泉が一大温泉地となる原動力となっています。

子供の頃に有馬温泉を初めて訪れた時、有馬川の赤い色が非常に印象的でした。
赤湯をそのまま川に流すと、鉄分が川に残りそれが赤く錆びていきます。
その赤い川の色が温泉地独特の風情を作っていると思います。

この赤湯、別名は金泉とも言われ親しまれています。
ただ現在は、金泉という名称は商標登録されており自由に商品名などに使うことはできません。
有馬といえば金泉という名称を守るための手段と言えますね。

この他にも銀泉という炭酸泉も存在します。
温泉としてだけでなく、かつてはサイダーとしても使われたりしていました(月光園便り 有馬のてっぽう水)。
現在では湧出量が大幅に少なくなりましたが、炭酸泉源などで湧出しています。

有馬温泉という温泉地を創り上げたとも言える金泉、銀泉。
まだ有馬に行ったことのないという方、ぜひぜひ有馬の赤湯を体験してみて下さい。

※写真は赤湯の泉源、天神泉源です。

平成18年10月25日(水) 有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 有馬温泉豆知識

【有馬温泉月光園便り】兵庫の温泉 〜有馬から城崎


兵庫県は南では瀬戸内海、北は日本海とにまたがる大きな県です。
本州でその両方に面しているのは青森県と山口県、そして兵庫県だけです。

それだけ広いだけに、兵庫には有馬温泉以外にも数々の温泉地があります。
ざっと挙げていくだけでも、
城崎温泉、塩田温泉、洲本温泉、湯村温泉、赤穂温泉、宝塚温泉、須磨温泉
などなど、他にもたくさんの温泉地があります。

これだけたくさんの温泉地があるということはもちろん、ライバルが多いということであると同時に、何か連携を行える相手が近くにたくさんいらっしゃるということにもなります。
そんな中、月光園はゆとりっちグループという西日本を中心とした温泉宿泊施設のグループに参加しています。
他の宿泊施設と連携してイベントなどを行ういい機会となっています。

兵庫県内の温泉地といえば有馬温泉、城崎温泉が特に有名ですが、各温泉地とも様々な特色があって奥が深いです。
たまには有馬以外のお湯にも浸かって、有馬のお湯を見つめなおす旅をしてみたいな、と考えています。

平成18年10月24日(火) 有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: その他(担当者の独り言・その他情報など)

【有馬温泉月光園便り】10月23日霜降(そうこう)


今日は10月23日、二十四節気の霜降(そうこう)にあたります。
露が霜となって降りる頃、というのがこの霜降です。
北海道では、すでに一週間ほど前に霜が降りたようですね。

ただ、ここのところ有馬は朝晩は冷えるものの、まだまだ暖かいです。
有馬では紅葉のピークは例年11月上旬から中旬にかけてなのですが、少しずれ込んでしまうかもしれませんね。
今日の有馬温泉は小雨が降っていますが、あまり寒さを感じることはないです。

霜降の次は11月7日ごろ、立冬になります。
今はまだまだ暖かいですが、これから一気に寒くなると思います。
どうぞ皆さんも、風邪などひかないようにお気を付け下さいませ。

平成18年10月23日(月) 有馬温泉 月光園 奥平

カテゴリー: 有馬からの四季便り

【有馬温泉月光園便り】有馬マニア 有馬記念と有馬頼寧


今日の話題は競馬の最高峰のレース、有馬記念の話題です。

競馬好きの方だと、有馬と聞くと有馬温泉ではなく有馬記念のことを真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか。
毎年12月の、いわば競馬のオールスターですよね。
最近話題のディープインパクトも、今年の有馬記念が最後のレースになると見られています。

この有馬記念、東京の中山競馬場の新スタンドの竣工を機に中山グランプリという名前で始まりました。
第1回中山グランプリは1956年の12月に行われたのですが、その翌月にこのレースの提唱者である日本中央競馬会(JRA)理事長の有馬頼寧氏が急逝してしまいます。
そのため第2回より、有馬頼寧氏の功績を称えて有馬記念という名前で開催され、今に至っています。

この有馬頼寧氏、政治家であり、日本中央競馬会第2代理事長であり、プロ野球チームのオーナーでもありました。
そして先日ご紹介した有馬猫騒動の有馬家の末裔にあたります。
つまりはご先祖は有馬温泉にも縁のある方なんですね。

私が子供の頃、祖父が競馬好きでよくテレビの競馬中継を見ていました。
私も一緒にテレビを見ていたとき、有馬記念という名前を聞き、これって有馬温泉に関係があるの?と聞いてみたことがあります。
祖父は、有馬温泉とは関係なくて人の名前だろうと教えてくれたのですが、全く関係ないという訳でもないんですね。

有馬記念といえば今や競馬の中でも最大級のイベントですね。
12月には有馬記念と有馬温泉につながりがある、なんてうんちくを語ってみてはいかがでしょうか。

平成18年10月21日(土) 有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 有馬温泉豆知識

【有馬温泉月光園便り】ベン・ジョンソンが走ったムービングウォーク


ポートアイランドの市民広場駅から南に、とても長いムービングウォークがあります。
ポートアイランドの1期工事地区と新たに完成した2期工事地区を結ぶために作られたもので、ポートアイランド内を結ぶ新交通、ポートライナーの一時的な代替としての役割もあって作られたようです。

このムービングウォーク、電車の替わりだけあってやたらと長いです。
ここを走ったら楽しいよね、なんて考えてしまうのが人の常だと思うのですが、それをすごいスケールで実現した人達がいました。
かのソウルオリンピック金メダリスト(後に剥奪)、カナダのベン・ジョンソンがこのムービングウォークを走るというもので、人気テレビ番組「トリビアの泉」の中の企画で実現しました。

ベン・ジョンソンほどのアスリート+ムービングウォークの加速。100mの世界記録をはるかに上回るタイムが期待されました。
ところが、結果は10秒台というひどく凡庸なタイムに終わりました。

ムービングウォークだと走りにくいのか、ベン・ジョンソンがピークほどの力がないのか、、、
どちらともつかないままベン・ジョンソンは失意のまますぐに帰国してしまい、神戸で世界記録が生まれるチャンスは無くなってしまいました。

今もムービングウォークは使用されており、昼間は使う人も少なく快適に移動できます。
もちろん危険なため100mダッシュなんて決しておすすめはできませんが、世界記録の夢の跡を一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

平成18年10月19日(木) 有馬温泉月光園 奥平

カテゴリー: 周辺観光情報(お勧めスポットご紹介・体験記など)