あじさい色々


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○月光園ホタル情報○

ホタルのシーズンの間、飛びながら点滅するホタルを
なんとかカメラにおさめようとしましたが、なかなか成功しません。
ところで、ゲンジボタルのメスはほとんど飛ばないそうです。
飛び回るオスではなく、こちらを見つけられればうまく写真が撮れるのでしょうか…。
しかし、自分から飛ばないように自分から光ることもまた少ないそうです。
やはりどうにか飛んでいるオスを撮影できるように努力しなくてはいけませんね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日は夏至です。
有馬はこのところ雨が続き、今日も朝から太陽は隠れていました。
本当なら今日が一年で一番日の長い日ですね。
梅雨明けはまだ先とはいえ、これからは晴れの日はほぼ夏の気候と言えるかもしれません。

以前の月光園便りで、ロビーに飾られているアジサイのお話をしました。
その時はまだアジサイには少し早い時期でしたが、この夏至の頃には様々なアジサイを見ることができます。
現在月光園内で目立つのは、游月山荘へ続く月光橋のたもとのアジサイでしょうか。
きれいな赤い花がかたまって咲いています。
アジサイは土壌の成分によって色を変えますが、赤いアジサイが咲く場合はその土壌はアルカリ性ということになります。
しかし石灰をまく程度で花の色を操作することができるそうなので、その差はあまり極端なものではないようです。

今、六甲高山植物園ではコアジサイが見頃を迎えているようです。
コアジサイは薄い紫色にも見える白い花を咲かせます。

大きな特徴は、一般的なアジサイが持つ、花に見える“がく”が無いことです。
それでも小さな花が集まった姿は、確かにアジサイに見えます。
六甲山の涼しげな空気の中で静かに咲いている姿を、ぜひ御覧になってください。

梅雨も本番といったところで、蒸し暑い日が続きます。
そんな季節には、月光園の赤湯で汗を流してみてください。

平成20年6月21日(土)
有馬温泉月光園 松井


カテゴリー: 有馬からの四季便り

夏の風物詩・蛍(ホタル)

暗闇の中、静かに風を浴びて蛍の美しさを愛でる。

日本人の奥ゆかしい情緒を感じさせる蛍観賞ですが、ここ有馬では今が最も盛況な時期ではないでしょうか。
数十匹の蛍が飛び交う様は、儚げでいて美しく多くの人々の心を捉えているようです。
 当館より車で約10分ほどの有馬川の下流では、連日多くの観光客や地元の人々が蛍観賞に出かけており、盛況な賑わいを見せているようです。

蛍の出現率に関しては諸説ありますが、一説では雨の日の次の日には数多く目撃されているようです。
天候の関係で多少前後するとは思いますが、蛍観賞を目的とされるならば、この時期の有馬川を覗かれるのも悪くはないのではないでしょうか。

有馬温泉月光園 門内


カテゴリー: 有馬からの四季便り

月光橋でホタル観賞

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○月光園ホタル情報○
 昨日は月光橋の少し北側、滝川の下流で多く見られました。
月光橋からも何匹か飛んでいるところが確認できました!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 昨日は9時ごろから少し雨が降りました。そのため湿度が高かったのでしょうか、
8:00頃には館内の『月光橋』周辺で蛍を見ることができました。
基本的に館内の蛍はこの月光橋のかかっている滝川付近を飛んでいることが多く、
その周辺の木や草が密集した地帯に固まっていることもあります。

昨日の夜、私もカメラを片手に滝川へ行ってまいりました。
月光橋を渡って游月山荘側へ、白い柵のある川沿いの道をほんの少し下ると……いました!
ゆっくり点滅しながら、ライトアップにも負けず蛍が飛んでいます。
さっそくカメラにおさめようとしましたが、暗い中ですのでやはりどうもうまくいきません。
なかなか川岸に近づいてきてはくれませんし、蛍は案外早く飛んでいます。少なくとも、私のシャッターの速度よりは。
私の腕ではどうしても光の帯が小さく写るのが精一杯でした……。
(写真1枚目下部の緑色の光が蛍です。上の明るい光は……ライトです)
実際には写真よりずっと明るい蛍が何匹も飛んでいましたので、ご安心下さいませ。
特に蛍が多い日には、月光橋の中まで蛍が入ってくることさえあるそうです。

今年の蛍は早めに現れたようですが、通常6月中旬までは蛍の光が見られるようです。
ぜひ月光橋という絶好のロケーションからホタルを観賞してみてください。
ただ、川沿いの道は少々足元が悪くなっておりますので、十分にお気をつけ下さいませ。

平成20年6月8日(日)
有馬温泉月光園 松井


カテゴリー: 有馬からの四季便り

神戸港からの優雅な船旅

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○月光園ホタル情報○
本日よりブログ冒頭にて月光園のホタルの様子をお届けいたします。
一昨日、昨日と続いて、館内にかかる月光橋からホタルの光が確認できました!
2月まで游月山荘ロビーにいた幼虫の光も混ざっているのでしょうか……。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日の有馬は少し曇ってはいたものの穏やかな天気でした。
しかし天気予報によると、なかなか太陽が顔を出す日は続かないようです。
雨が続くと思うとどうしても外出を控えてしまうものですが、
そんな気分を変える意味でも、神戸での爽やかな船旅はいかがでしょうか?

最近テレビで紹介されたことで、ご存知の方も多いのではと思います。
ルミナス神戸2は、メリケンパークから出航している日本最大級の遊覧船です。
ご昼食やディナーに、船内の多種多様なレストランをご利用いただけます。
パーティやウェディングといった幅広いご利用も可能となっています。

月光園では、このルミナス神戸2でのクルーズと月光園でのご宿泊がセットとなったプランをご用意しております。
遊覧コースは神戸空港沖周遊プランと明石海峡大橋周遊プランからお選びいただけます。
月光園からメリケンパークまでタクシーでお送りいたしますので、交通に関しての心配もございません。
自由に神戸を観光されたい方には、タクシーの代わりに異人館など計56箇所でお使いいただける神戸街遊券(1,500円相当)をお付けいたします。

神戸に来たからには、ぜひ港町の爽やかな空気を満喫してみてください。

平成20年6月7日(土)
有馬温泉月光園 松井


カテゴリー: 月光園情報(最新情報・お宿自慢など)

林渓寺の梅の木


本日、6月6日は芒種(ぼうしゅ)です。
芒とは、お米などのイネ科の植物の果実を包んでいる、籾殻にあたる部分。
芒種はこの芒がある植物の種をまく時期であるとされています。
実際には有馬周辺の地域でも田植えは終わっているようですから、
現在の稲作のカレンダーとは食い違うところがあるのかもしれません。

また、この芒種の時期は梅の実が熟れる頃でもあります。
確かにこのところ野菜売り場などを見ると、梅干や梅酒を漬けるための梅が売っているのを目にします。
そういえば、有馬には善福寺を始めとして数多くの桜の名所がありますが、梅の木にはあまり見覚えがありません。
調べてみると、有名なものとしては林渓寺に樹齢200年を越える梅の木があるそうです。

そこで、早速林渓寺まで行ってみました。
昨日までは神戸は大雨だったのですが、今日は一転して快晴でした。
金の湯から月光園とは逆の方向に登る道、湯本坂を登っていくと、5分ほどで林渓寺にたどり着きます。
保育園と隣接しているのでうっかり見落としそうにありますが、石段を登ると確かに立派なお寺があります。
梅の木は庭や門の前で葉を生茂らせていました。
実も葉に隠れて見つけにくくなっていますが、よく見ると確かに生っています。
この林渓寺は有馬にいくつかある寺社と同じく子授けの寺であるらしく、ここの梅の実を食べると子宝に恵まれるとの言い伝えがあります。
(※決して梅の実を勝手に取ったりはしないようお願いします!)
この梅の木は、3月の終わりごろに赤い八重の花をつけるそうです。
その頃には花の咲いている様子もお届けしたいと思います。

梅雨の語源には、梅の実がなる時期だからという説があります。
旅行は天気の日が望ましいですが、雨の風景を眺めつつ有馬の四季に浸る旅もまた良いものではないでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ○月光園ホタル情報○
月光橋からも蛍が確認できるようになりました。あまり夜がふけないうちのほうが活発に活動しているようです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

平成20年6月6日(金)
有馬温泉月光園 松井


カテゴリー: 有馬温泉豆知識

六甲山情報【ホール・オブ・ホールズ】

月光園は6月3日(火)と6月4日(木)は休館日となっております。
予約係数名以外は全員お休み。
広い館内は非常に静かで、休館日ならではの雰囲気が漂っております。

しかし、今日は朝から非常に天気も良く行楽日和ですよね。
月光園も閉めておくのが勿体無いくらいです。

六甲山も良い気候だと思います。

今日は、六甲山にある【ホール・オブ・ホールズ】というオルゴールミュージアムをご紹介させていただきます。

施設自体は3階建てですが、それほど広いものではございません。
さっと1週するくらいなら15分もかからないと思います。

しかし、この施設の良い所は30分間隔でオルゴールコンサートを行っている所です。
数百年も前に作られたオルゴールは、マイクも使わない生の音色を30人は入るホール中に響かせていました。
1つのオルゴールに24曲も入った精巧な造りのオルゴールもあれば、洋服ダンスよりも大きな大迫力の自動演奏オルガンなどもありました。
約20分程度のコンサートですが非常に心が癒されるものでした。
私が今回聞いたのは、数十並ぶオルゴールの内の一部でしたが、毎回コンサート内容が変わるようです。

2階にあるコンサートホールのすぐ外に可愛らしい喫茶店や、1階にはいろいろなオルゴールが販売されており、数百万円もする高価なものから、キーホルダーにオルゴールが付いた1,000円程度のものまで用意されております。
そして、体験コーナーではオルゴールの組み立て体験も行っており、私も体験いたしました。
内容は、初級は最終段階である櫛の取り付け、中級はその前の工程であるゼンマイの巻き取りからとなっております。
今回、私は中級コースにチャレンジ。
曲目はミスチルの「抱きしめたい」を選びました。
オルゴールを入れるケースもいくつか選べ、私はフォトフレーム付きの物を選びました。
料金はセットで2,300円だったと思います。(入館料は別です)
スタッフの方が丁寧に教えてくれますので、以外に簡単に仕上がりました。
櫛の取り付け位置により音質が硬くなったり、柔らかくなったり、大きくなったり、小さくなったりするようです。
自分の好みの音を奏でる取り付け位置を見つけ、取り付けるのですが1ミリ以下の微妙な調整になり、これは私たち素人には難しいと思います。
私は、とりあえず音が出るところで留めて完成といたしました。

そして、オルゴール館の上手な楽しみ方として、コンサートとコンサートの間に喫茶店やお土産物、体験コーナーなどを挟むと2~3回はコンサートが楽しめます。

このほかにも、自分の好きな曲をオルゴールにすることも出来るのですが、こちらは18弁で36,750円、30弁で84,000円という高価なもの。
これは、オルゴール製作に掛かる費用+楽曲の編曲代金、そしてレコード会社への著作権料なども掛かるからのようです。
自分のために作るのは少し贅沢という気もしますが、プレゼントなどにすると非常に喜ばれるのではないでしょうか。(完成に2ヶ月前後掛かるようですのでプレゼントの際はお早めのご注文が必要ですね)

ただ、オルゴールを売っているオルゴール館ではなく、オルゴールを初めとする様々な自動演奏楽器の展示や実演コンサートが楽しめるちょっとおしゃれな施設ですので、有馬温泉へお越しの際はロープウェイでちょっとお出掛けしてみて下さい。

-施設DATA-
ホール・オブ・ホールズ
〒657-0101
神戸市灘区六甲山町北六甲4512-145
TEL:078-891-1284
・営業時間:10時~17時(入館は16時まで)
・休館日:3月14日~8月31日は無休/その他の時期は木曜日(木曜日が祝日の際は開館)+12月31日・1月1日
・入館料:大人1,000円/子供(4才~小学生)500円(団体割引きあり)
・駐車場:普通車1日500円
※団体窓口:078-891-1284

その他、たびたび当月光園便りでご紹介いたしております「六甲高山植物園」とセットでお得な2館共通券などもございます。

平成20年6月4日(水)
有馬温泉月光園 幸坂


カテゴリー: 周辺観光情報(お勧めスポットご紹介・体験記など)

六甲山情報【六甲山牧場②】

先日、ご案内いたしました六甲山牧場ですが、バター作り体験を行いましたのでご紹介させていただきます。

結論から言うと、ご家庭でも作れるくらい簡単です。
しかし、そのことを学んだことが、私にとって非常に大きな感動でした。

「こんなに簡単にバターができてしまうなんて!!」

スーパーに行っても陳列台からバターがなくなっている昨今、皆様も是非ご家庭で試してみてはいかがでしょうか。

【バターの作り方】

①口のしっかり閉まる容器を用意。
 大きさは、ペットボトル程度。
 バターを取り出しやすいように口の広いものがいいとおもいます。
 ペットボトルを利用しても、最後に上部をはさみなどでカットするととれると思います。

②生クリーム125ccを容器に入れる。
 生クリームは乳脂肪分45~48%のもの。

③口をしっかり閉めひたすら振り続ける!
 時間にして約10分程度。
 力の強い方は少し早いかも。

 《音の変化に注意!!》
 1.最初は水分が入った容器を振っている感覚。(そのままやん)

 2.しばらくすると、容器の中で生クリームがホイップ状になり音がしなくなる。
   ここで、一度くじけそうになるんですが頑張って振り続けてください!

 3.すると、容器の周りからクリームが剥がれ落ち塊ができてきます。
   「コトッ,コトッ」

 4.もう少し頑張ると、塊から水分が分離します。
   「チャプ♪チャプ♪」

④チャプチャプ音が聞こえたら一度振るのをやめましょう!
 そして、出てきた水分だけを小さなカップ(お猪口程度)にとります。
 おちょこに8分目程度水分が取れればOKだと思います。
 容器のキャップを上手に使い、中の塊がこぼれないようにしましょう。
 水分の出が少ないようでしたら、もう少しだけ振ってみましょう。
 ちなみに、このお猪口に移した水分は出た量の目安に使うだけです。
 大切に残しておかなくて良いです。(飲めるそうですが・・・。)

⑤バターを洗います。(容器の中に残った塊はもうほとんどバターなのです)
 冷水を用意し、カップに半分ほどいれ、10回程度軽く振ります。
 そして、バターが落ちないように上手に冷水を捨てます。

 これを、4回繰り返す。

⑥バターを容器から平らなお皿にのせ、残った水分を出します。
 この時に、お皿を斜めに傾けゴムのへらなどでバターを伸ばしながら押し出します。

⑦最後に塩を少々(ほんのちょっぴり小指の先程度)をバターに混ぜます。

これで完成!

あとは、冷やして固まれば「北海道バター」にも負けないオリジナルバターの出来上がり!
ただし、賞味期限は冷蔵庫で約1週間だそうです。

実際、これを作った翌日から朝のパンに塗って食べてますが本当においしい!

皆様も是非お試しください!!

平成20年6月3日
有馬温泉月光園 幸坂


カテゴリー: 周辺観光情報(お勧めスポットご紹介・体験記など)

六甲山情報【六甲山牧場①】

先日、六甲山を堪能してまいりました。
コースは、
六甲山牧場』-『ホールオブホールズ』-『ガーデンテラス』の3箇所。

他にも、『六甲山カンツリーハウス』や『フィールドアスレチック』、『高山植物園』などの施設もございますが、今回は行っておりません。

ちなみに、上記3箇所でAM9:00~PM5:00までの8時間、ほぼ丸1日を堪能いたしました。
そのおかげで、少し日焼け気味となっております。

今日は、その中で六甲山牧場についてご案内させていただきます。

私が六甲山牧場に行ったのは昨日のこと。
日曜日ということもあってか、お客様は非常に多く感じました。

車で出かけたのですが、駐車場は多めに確保されておりますので難なく駐車できました。
道路を挟んで北ゲートと南ゲートに別れており、駐車場も2箇所ございます。
今回、私は「チーズ館」のある南ゲートより入場いたしました。

車でない場合は、ロープウェイとバスの乗り継ぎとなります。
山上バス時刻表はこちら

この牧場は、神戸市が運営する施設でなんと125.8ヘクタールもあります。
東京ドームの面積が4.6ヘクタールなので、約27個分ということになります。

しかし、このうち一般開放されている部分は23.4ヘクタールだそうです。
といっても、かなり広大なことには違いありませんよね。
牧場を1週するのに私の足でも40分以上かかるでしょう。
実際は、羊たちを見ながら1週したので1時間はゆうにかかりました。
アップダウンもあり、普通に考えるとかなりきつい道ですが、羊たちの姿を見ながらのんびり歩くと、気づかない内に歩けてるものです。
しかし、あるいている距離は相当だったと思います。
その証拠に、本日、ふくらはぎはパンパンです。(もう年ですかね)

羊たちの愛らしい姿は必見です!
特に、羊たちとのふれあい広場では、実際にエサをあげたり触ったりでき、お子様たちも大喜びしておられました。

このほか、お子様と羊ペアーによるレースイベントや、牧羊犬による「羊の追い込みショー」もございます。

羊の追い込みショーでは、ニュージーランド・ヘディングドッグという種のグレン君が大活躍。
羊を小さな檻に追い込むのですが、途中橋の上を通らせるという小憎らしい演出もございます。
羊たちもショーに慣れているのか、グレン君が追い込む前に自主的に橋の上に行ってしまったりという、おちゃめな一面もございましたが、こちらはご愛嬌です。

そして、飲食施設もいくつかあります。
チーズ館の2階に本格的なチーズフォンデュのレストランやバーベキューレストラン、軽食のお店も多数ございます。

お土産コーナーでは、各種チーズや牧場牛乳もありお勧め!

そして、絶対にはずせないのが「ソフトクリーム」
牧場の牛乳と、牧場で作ったチーズを使用した、あっさり系のソフトクリーム。
350円と少し高めですが、牧場で作ったオリジナルなので納得。
実際に長蛇の列で売店のおかあさんも大忙し。

また、南駐車場に露天でバーガーを売っていたので食べてみました。
たしか、兵庫県産のステーキバーガー・牛肉ハンバーグ・ラムステーキバーガーなどがあったと思います。
散々、かわいらしい羊たちを見た後で心苦しかったのですが、ここは六甲山。
ラムステーキバーガーを注文してしまいました。
こちらは、通常のバンズではなくフランスパンにサンドしたもので、すいている時はこのパン生地も炭火であぶり、非常に香ばしそう。
しかし、私が並んでいるうちに後ろは長蛇の列。
私が注文するころには、パン生地をあぶっている余裕はなくそのままでした。
でも、お肉は炭火で香ばしく、結構なボリュームでおいしかったです。
こちらのバーガーは各500円でした。

このほかにも、牧場内ではいろいろな体験を行うことができます。
アイスクリーム、バター、チーズを作ったり、羊毛を使ったマスコットを作ったりという体験学習などです。

今回はこの中の『バター作り』を体験いたしました。
バター作りに関しましては、次回にご紹介させていただきます。

というわけでこの牧場では、朝9時から13時までの4時間を過ごしました。

牧場の緑と、羊たちののどかな雰囲気に心が癒されるひと時でした。

平成20年6月2日(月)
有馬温泉月光園 幸坂

-DATA-
神戸市立六甲山牧場
・営業時間:9時~17時(夏季18時まで営業)
・休園日:12月~2月の火曜日(火曜日祝日の場合は順延)その他の月は無休
・入場料:大人500円/中学生まで200円/未就学児無料/団体割引あり

 ※価格は2008年6月現在の価格です。ご利用の前にご確認下さいませ。
・駐車場:約800台/500円(1日)


カテゴリー: 周辺観光情報(お勧めスポットご紹介・体験記など)