【有馬温泉月光園便り】金泉の不思議なお話

 有馬温泉独特の赤湯として有名な金泉ですが、この金泉の泉源は非常に高温なものが多く、高い所だと94℃を超えるところもあります。

 しかし有馬温泉近辺には火山はありません。それなのに熱過ぎると言っていいような温泉が湧き出ています。このことはプレートのエネルギーである、マグマの熱であるなどの諸説があります。さらに不思議なのは、有馬周辺の温泉から湧き出ている同質の含鉄泉は高温ではないということです。有馬町の限られたごくごく狭い地域だけ高温の金泉が湧き出しているのです。

 また有馬温泉の金泉は最初はここまで高温ではなかったようです。そのままの入浴が不可能なほどの高温の温泉となったのは太閤秀吉の時代だそうです。秀吉の時代に大地震があり、その後、高温の温泉が湧き出るようになったそうです。その後、長野県の浅間山が1783年に噴火活動をした際に湯の温度は普通の水程度まで下がったのですが火山活動停止後、高温に戻ったということです。さらに明治32年に六甲山が数日間に渡って鳴動する現象があり、このときも湯の温度が上昇して湧き出す量も増えたらしいです。

 この原因ははっきりとは分かっていないそうです。

 写真は月光園鴻朧館大浴場の露天風呂(上)と当館自慢の川沿いのかけながしの露天風呂(下)です。

平成19年6月30日 有馬温泉月光園 門口


カテゴリー: 有馬温泉豆知識

【有馬温泉月光園便り】有馬温泉泉源巡り〜極楽泉源〜


 梅雨に入り、雨の多い時期となりました。ホタルもピークを過ぎて、有馬川でも見れる数は数匹となってしまいました。

 さて本日は有馬温泉の数ある泉源の中から極楽泉源のご紹介です。

 月光園から金の湯へ向う途中に、角の坊さんがございます。この角の坊さんを右に曲がり、階段を上りますと、極楽寺がございます。この極楽寺と銀の湯の間に極楽泉源がございます。この泉源は約94度の金泉を各旅館へと送り続けております。

 かつては太閤秀吉の湯殿(現在の太閤の湯殿館とされています。)へ金泉を送っていたとされ、月光園からも約10分のところに位置しております。

 最近改修工事が行われ、井戸が追加されたようです。最新の設備を施されたため、煙突が無くなってしまい、温泉地ならではの湯煙が出ない状態となってしまったことが、個人的には残念なのですが、この泉源から金泉を得ている旅館様も多いので、泉源巡りをするのであれば、絶対にはずせない泉源の一つだと思われます。

 平成19年6月29日 有馬温泉月光園 門口

 


カテゴリー: 有馬温泉こだわり情報

【有馬温泉月光園便り】願いの庭

月光園より角の坊さんを右に折れ、階段を上ったところが願い坂となります。その願い坂には有馬の工房がございます。その有馬の工房の横あたりに”願いの庭”がございます。行基僧と三羽ガラスの像がありますのですぐに分かるかと思われます。

 この三羽がらすは、有馬温泉の守り神として祀られております。有馬の歴史は非常に古く、神代まで遡ります。

 神代の昔に大己貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)が有馬を訪れた際に、水浴びをしていたカラスが数日で傷を治したのを見て、その水たまりを調べると高濃度の温泉だったというのが有馬の歴史の最初だそうです。そしてこの温泉の在り処を教えてくれたカラスだけが有馬に住むことが許されたそうです。

 行基僧は有馬温泉の発展に貢献した人物の1人として祀られております。行基の活動により有馬温泉は広く余に知れ渡ったようです。 
 
 願い坂の周りには、温泉寺や極楽寺、念仏寺など寺社仏閣が立ち並んでいます。

 平成19年6月28日 有馬温泉月光園 門口


カテゴリー: 有馬温泉豆知識

【有馬温泉月光園便り】ゲンジボタル激滅の危機!?


 24日の仕事が終わってから、いつものようにヤフーでニュースをチェックしていたら、ゲンジボタルが激滅の危機にあるという記事を見つけました。(私はテレビよりネットでニュースをチェックすることが多いです。)

ヤフーの記事によると、ゲンジボタルの幼虫が本来餌にしているのはカワニナなんですが、それに良く似た外来種の巻貝『コモチカワツボ』が急激に生息域を拡大しているそうです。カワニナと間違えてホタルがこのコモチカワツボを食べてしまった場合、成虫まで育つ可能性はカワニナを餌にした場合の6分の1だそうです。また成虫になったとしても発光力は半分だということです。

 有馬温泉でもシーズンになると、有馬川にてこのゲンジボタルを見る事ができます。今年も沢山のホタルが飛び交い、幻想的な世界を楽しませてくれました。このホタル達は大丈夫なのかなと心配になってしまいました。いつまでも子供たちがホタルを楽しめる川であって欲しいと思います。

 ゲンジボタルの激滅に専門家も警告を出しているようですが、早く対策を打ち出してほしいものです。

平成19年6月26日 有馬温泉月光園 門口


カテゴリー: その他(担当者の独り言・その他情報など)

【有馬温泉月光園便り】太閤の湯殿館のご案内


 今日の月光園便りは最も太閤秀吉と関係が深い「太閤の湯殿館」のご紹介です。

 神戸市に壊滅的な被害をもたらした阪神・淡路大震災はまだ記憶に新しいと思います。有馬温泉も例外ではなく、様々な施設様や寺社が被害を被りました。その被害にあった極楽寺において、秀吉が造らせたといわれる「湯山御殿」(ゆのやまごてん)の一部と見られる遺構が発見され、様々な出土品も発見されました。
 
 これらの遺跡と出土品を保存・公開しながら、秀吉とゆかりの深い有馬温泉の歴史と文化をご紹介しておりますのが、太閤の湯殿館です。 

太閤の湯殿館へは、有馬温泉駅前から「ねね橋」に向って川沿いに歩き、太閤通りへ入ります。太閤通りを左折し、湯本坂の金の湯を右折し、左手の寺町へと進む階段を上り、そのまま進むと極楽寺がございます。その極楽寺の一部が太閤の湯殿館となります。

 館内には当時主流だった「蒸し風呂」と「岩風呂」の遺構をそのまま取り込んで展示しております他、秀吉の御殿での生活をしのばせる焼き物や復元された龍の飾り瓦などの出土品が展示されているだけでなく、秀吉と有馬温泉の深い関わりを示した資料なども展示されています。
 内装には、レプリカですが、安土桃山時代の「ふすま絵」「飾り欄間(らんま)」を取り入れ、太閤秀吉の”夢の跡”を再現しております。

 太閤秀吉が愛した有馬温泉にお越しの際は是非お寄りくださいませ。

平成19年6月24日 有馬温泉月光園 門口


カテゴリー: 有馬温泉こだわり情報

【有馬温泉月光園便り】 有馬温泉お勧めスポット 

【有馬温泉月光園便り】 有馬温泉お勧めスポット 〜瑞宝寺公園と太鼓滝〜

 本日は有馬温泉のお勧めスポット、瑞宝寺公園をご紹介いたします。

 瑞宝寺公園は、明治初期に廃寺になった黄檗宗(おうばくしゅう)瑞宝寺の跡地を、神戸市が1951年に公園として整備したものです。紅葉の名所として知られ、秋になると沢山の観光客で賑わいます。

 瑞宝寺の歴史はかなり古く、豊臣秀吉も度々有馬を訪れていたようです。秀吉が「いくら見ても飽きない」と言ったくらい、この瑞宝寺の紅葉を気に入ったという故事が残されております。またこの地の紅葉には「日暮らしの庭」という別称までございます。秀吉が囲碁を指したとされる石の基盤も公園内に残されております。

 旧瑞宝寺公園の山門は、京都の伏見桃山城から移築されたものだそうで、1976年に神戸市によって保存修復され、現状に至ります。
 
 また毎年11月2日・3日には「有馬大茶会」が公園内で開催されております。

 そして公園内の道を横を流れる川のほうに向いますと、太鼓滝がございます。こちらの滝はけっこう隠れスポットです。我々従業員でも知っている者は少ないようです。

 あまり大きくない滝ですが、あまり知られていないせいか、非常に静かで、滝の落ちる音が非常に心地よく、癒しの効果抜群のスポットです。
 また、太鼓滝の横には、先日ご紹介いたしました有馬癒しの森へと続く入り口がございます。

 有馬温泉にお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。

平成19年6月23日 有馬温泉月光園 門口


カテゴリー: 有馬温泉こだわり情報

【有馬温泉月光園便り】有馬温泉癒しの森散策〜筆屋道〜

 有馬温泉癒しの森散策もいよいよ山を降りてまいります。

 魚屋道を六甲山のほうへ少し登りますと、六甲山最高峰へ上がる道と下の方へと下る道とに分岐します。六甲山最高峰へと上がる道はかなり険しく、軽装だったため断念いたしました。

 この下へと下る道は筆屋道と呼ばれ、瑞宝寺公園の方へと続いております。こちらもかなりの山道で、整備はされていて歩きやすいのですが、きつい下り坂となっております。

 こちらをずっと進んで行きますと途中に展望デッキがございます。こちらからの眺めはかなり良く、お勧めです。掲載しております写真は魚屋道から筆屋道への分岐点と筆屋道にございます展望デッキです。この日は天候は快晴だったのですが、わたしの撮影技術が悪いのか、景色の写真は曇ったような写真となってしまい、何度か挑戦したのですが、掲載できるような写真は撮影できませんでした。カメラについてももっと勉強をしないといけないなと思いました。

 有馬温泉癒しの森は、運動不足も解消された上に、森林浴で癒しの効果も期待できます。そしてなにより汗だくになりますので、登山を終えた後の温泉がたまらなく気持ちいいです。ここで出会ったハイカーの方も『温泉を楽しむ為に登山で汗をかいているんです。』とおっしゃっていました。

 有馬温泉にお越しの際はぜひ、有馬温泉癒しの森にも挑戦してみてください。

平成19年6月22日 有馬温泉月光園 門口


カテゴリー: 有馬温泉こだわり情報

【有馬温泉月光園便り】有馬温泉癒しの森散策〜魚屋道〜

 炭屋道を登りきると、少し傾斜が緩やかになった道がございます。この辺りは魚屋(トトヤ)道を呼ばれています。

 魚屋道は、江戸時代、有馬温泉に神戸(魚崎)の魚を運ぶために使われた道だそうです。明治時代には、剣道有馬住吉線として整備され、さらに明治7年大阪神戸間に鉄道が開通すると、住吉駅が有馬温泉の最寄り駅となり、徒歩・馬・駕籠による交通が盛んとなりました。有馬温泉のパイプラインとして長く役立っていた道です。

 当時は茶屋もあり、もうすぐ有馬というところでの一服もでき、期待に胸を膨らませていたのでしょうね。

 この道は六甲山の最高峰までも続いており、今もトトヤ道として、多くのハイカーに利用されています。

 写真は有馬温泉癒しの森として整備された休憩所です。

平成19年6月21日 有馬温泉月光園 門口


カテゴリー: 有馬温泉豆知識

【有馬温泉月光園便り】有馬癒しの森散策〜炭屋道〜

 六甲有馬ロープウェー側より有馬温泉癒しの森に入っていくと一番最初にあたる区域が炭屋道と呼ばれる地域です。

 この炭屋道は、山中の魚屋道へと上がっていく道の為、かなり急な坂となっております。一番辛い区域かもしれません。

 炭屋道は昭和戦前ごろまで、多くの炭焼窯があった場所です。炭の材料となる木材は重い物が多いため、ここで焼いて軽くして運んだそうです。そのため今でも多くの石窯が残っております。炭焼きは良好な森を守るという点からも効果が見直されています。そして木を伐採しては植えるという作業を繰り返したため、株立ちの木が生えております。

 また撮影には失敗しましたが、この辺りにはシチダンカやヤマアジサイ、タムシバなどの植物も植えられ、登山客を楽しませてくれます。ところどころから見える山の景色が我々を癒してくれます。

 有馬にお越しの際にはぜひ、癒しの森もご堪能くださいませ。

 平成19年6月20日 有馬温泉月光園 門口

 


カテゴリー: 有馬温泉豆知識

【有馬温泉月光園便り】有馬温泉癒しの森散策

 日本三大古湯に数えられる有馬温泉ですが、温泉街から少し離れただけで豊かな自然がたくさんございます。

 周辺の山々は、多様な植物や生き物が見られる自然の宝庫となっております。アリマウマのスズクサ・アリマグミなどアリマの名が付く植物やたくさんの綺麗な花を咲かせる植物も非常に多くなっております。

 この豊かな自然により親しんでいただこうと、この辺り一帯を【有馬温泉癒しの森】と名づけ、森の散策や様々な野鳥や草花と出会うことで心安らぎ、癒しの効果を得ることができるように遊歩道や休憩所などの整備を兵庫県が行いました。

 私が歩いた感想ですが、癒しの森というにはかなり辛い道だと思います。魚屋道(ととやみち)と呼ばれる区域まで登ってしまうと後は楽なのですが、かなり急な坂道も多く、本格的な登山道といった感じです。歩かれていた方もみなさん杖を持って、汗だくで歩いておられました。
魚屋道は六甲の最高峰まで続いておりますので、かなり急な場所もございます。

 有馬温泉ロープウェーから瑞宝寺公園までの道で、登山になれた方で2時間くらいの距離なのですが、私のように登山に慣れ親しんでいない者ではもっとかかってしまうでしょう。

 また、瑞宝寺公園からの入り口には今のところ看板もなく、入り口が非常に分かりにくい為、六甲有馬ロープウェーから入られることをお勧めいたします。
 
平成19年6月18日 有馬温泉月光園 門口


カテゴリー: 有馬温泉こだわり情報