鴻朧館
游月山荘

有馬温泉 月光園便り

有馬温泉 月光園よりお得な情報をお伝えします。

「神戸動物王国」新エリア『ロッキーバレー』オープン!!

みなさん、こんにちはー。
有馬温泉月光園の西城でございます。3月16日、「神戸動物王国」に行って参りました。

 

明日3月17日(土)に新エリア『ロッキーバレー~北アメリカの動物たち~』
がグランドオープンするとのことで、この日は内覧会が行われていました。

それでは、お目当ての新エリアのご紹介からいきましょう。

『ロッキーバレー』エリアは北アメリカの大自然を一部切り抜いたようなリアルな造形に加え、
動物の本来の行動がご覧頂けるような、生息環境にこだわった展示場になっています。

 

まずはこちらから、
■シンリンオオカミの「ウルフリーク」
美しい水辺と木々のある展示場です。
ここに入るオオカミ「マイケル」「ゲンキ」「ヒカル」の3兄弟は東山動物園やってきました。
※銀の毛色がヒカルで黒の毛色がマイケルとゲンキです。

 

ゲンキとヒカルは東日本大震災の日に生まれたことから、被災地復興の願いをこの名に託されたそうです。
3頭共ずっとぐるぐると展示場内を歩き回ったり、顔をきょろきょろとさせたりしている様子。
飼育員さん曰く、「オオカミだけでなくこのエリアの動物達は人目に慣れていないので
落ち着かないのかもしれない、早く慣れて欲しい。」とのこと。
温かく見守りましょう!!


それでも、オオカミがお客さんの前に近付くと小さい子供のお母さん達から「かっこいい!!」の声があがっていました。

 

■アメリカクロクマの「ベニーキャニオン」
秋吉台サファリランドからやって来た3歳の双子「豆」と「節」がいます。


大きくて迫力満点!!
クマがこんなに木登りが上手とは知りませんでした。

 

■クーガー(ピューマ)の「クーガーウォーク」
コの字型のガラス張りの展示場になっていて、見ている側はまるでピューマに囲まれているような感覚になります。
春休みに名前募集が行われる予定です。


Theクールビューティー!!見つめられると怖いけど、スッキリとした格好良さがあります。

 

■プレイリードッグ
今回は会えませんでしたが、この岩場の中に確かにいるとのことです。
飼育員さんによると現在、繁殖期の為人目を気にして岩穴に籠もっているのだそう。
出来るだけ人の手を加えないで飼育をすることが望ましいとのことですので
プレイリードッグに会えなくても静かに見守ってあげて欲しいです。

 

■アメリカビーバーの「ビーバークリーク」
この展示場は約20mのオーバルになった水槽でビーバー達は行き止まることなく泳ぐことが出来ます。
陸地もあり餌を食べる姿も間近でご覧頂けます。

 

そのほか、クビワペッカリーや関西での飼育はここだけのシマスカンク・アメリカアカリスも仲間入りします。



スカンクは仲間と固まったまま、向こうを向いています…。
生き物相手に思うように写真が撮れないのも動物園の楽しさですね。

 

以上『ロッキーバレー』エリアでした。
まだまだ、たくさんの動物たちに会ってきましたがそれはまたの機会にお話したいと思います。

それではまた~。

平成30年3月16日(金)
月光園 西城
月光園公式Facebookページはこちら>>>
「いいね!」ボタンを押して下さると嬉しいです♪

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031